『修羅雪姫』を見た【映画】梶芽衣子主演、復讐のため修羅となった激しく美しい女のバイオレンスアクション




修羅雪姫

死んでいた~朝に~、弔いの雪が降る~。

これ見たらキル・ビルがよくわかった。

クエンティン・タランティーノって修羅雪姫がやりたかったんだなあ。

刀で斬りつけてふっとぶ腕、噴水のごとく飛び散る血糊、復讐。

細かいテイストは完コピできてます。

しかし、さすがはオリジナル。

殺陣とかは非常にしょぼいが、面白さではこっちに軍配かな。

古い映画なんだけど、妙に新しく感じてしまう。

途中で漫画が挿入されていたり、話の構成がモダンに感じた。

もうとにかく雪役の梶芽衣子の目力がすごい。

復讐のために産み落とされた鬼子ですよ。

4人、敵がいて1人は雪の母親がうらみをはらしたがつかまっちゃって、牢に入っちゃう。

これじゃあ、あと3人に復讐できないつって、

看守とセックスしまくって、子供を産み落とす。それが雪。

そして雪に復讐を託すというものすごい話。

獄中で生まれた雪は別に罪人じゃないから、しゃばにでるわけです。

そして地獄のトレーニング。

復讐のために剣を仕込まれる。

師匠役がマモー西村晃。元旗本の坊さん。

真剣で斬りつける西村、空中でかわす雪。

着物だけが真っ二つになり、雪は全裸になってしまう。

そんな雪を満足げに見つめる西村、みたいなわけわからん訓練シーンもあります。

そして美しく成長した雪は傘に仕込んだ刀で復讐を決行していくのだった。

因果応報!

復讐のためにこの世に生まれた修羅雪姫って感じで、梶芽衣子がとにかく美しい。

鬼気迫る。

殺陣はそう凝った作りでもないんですけど、とにかく噴出す血の多さといったら凄いです。

あそこまで出たら作り物丸出しなんだけど、ちょっと怖いっすよ。

けっこう重要な役で黒沢年男もでています。このころはまだ二枚目俳優。

ぜひリメイクしてほしいなあ。

ダークストーリーでドラマチックだし、

時代が明治だから、和装と洋装が混在してビジュアル的にも面白い。

主演は目力のある柴咲コウで、梶芽衣子ゲスト出演で、お願いします。




・小池一夫コミックス/修羅雪姫(上巻)(下巻

DVD通販のDMMで「修羅雪姫」をみる

関連する商品

この記事へのコメント

  • Kaworinlove55

    修羅雪姫はやはり梶芽衣子さんの目力が
    インパクトありますよね~
    リメイク版修羅雪姫は以前釈由美子版がありましたけど柴崎コウの方が目力はあるかも知れませんね!

    2005年12月20日 18:43
  • bishop

    こんばんは、Kaworinlove55さん。
    梶芽衣子さん、かっこいいですね~。あー、釈さんのやつは、リメイクなんですかー。見てないんすけど、なんかSFっぽかったので、名前が一緒なだけで関係ないもんだと思ってました。やっぱり修羅雪姫は明治を舞台に、着物で、傘に仕込んだ刀じゃないと雰囲気でないなあ。
    2005年12月20日 23:22
  • ハリオ

    初めまして。ハリオと申します。修羅雪姫の記事を検索していてみつけてやってきました。梶芽衣子のファンです。今日はたまたま修羅雪姫風?のイラストを描いたモノでトラックバックさせていただきました。雑多なブログですがもしよかったらのぞいてみて下さいね。
    2006年01月17日 01:14
  • bishop

    こんばんは、ハリオさん。
    梶芽衣子さん、いいですよね~。最近、修羅雪姫で若いころの梶さんを知って、かっこいいなあと思ったので他の作品も見てみようかと思ってます。
    2006年01月17日 22:50

この記事へのトラックバック