深紅

深紅


深紅


なんかようわからんね。

奇妙なシーンが2つあってそれがなんか変でよかったけど。

フラッシュバックで倒れて夢うつつ状態になった内山理名が、

夢の中で水川あさみと会話するシーン。

これおもしろかった。

出た!マトリックスってかんじでSFしてたなあ。

最後のキスも、なんかよくわかんなかったけどおもしろかったね。

奇妙な友情をイメージしたおもしろい映像だったなあ。

その2つが映像的に面白かったっすね。

話はすごく重い。

一家殺人事件の生き残りと、その犯人の娘とのやりとり。

内山理名は素性を隠してバーテンやってる水川あさみに近づく。

水川あさみは夫からDV被害にあってて、

内山理名はその夫殺人を水川あさみに持ちかける。

殺人者の娘を殺人者にするという復讐。

アリバイ工作も考えていざ実行のときに、発作がでるんすよ。

修学旅行先から4時間タクシーに揺られて家族のいる病院までいったことがトラウマになってて、

普段、なにかのきっかけで4時間気を失ってしまうという発作。

まあ、それでどうなるかと。

殺人事件が起こった背景にもいろいろあるし、

その後の二人の状況もいろいろあるしと。

犯罪被害者の遺族と犯罪者の子供の物語を、サスペンスに比重を置いて描いてる。

原作が野沢尚なので、けっこうドラマチックなストーリー展開するんすよ。

野沢尚の作品って、サスペンスな展開で観客を驚かせるタイプのものが多いすよね。

サスペンス命の脚本家っすよねえ。

役者では小日向文世がいいんだよ。

この人は、ほんと悪人がよく似合うなあ。

笑いながら人殺しそうでしょ。

まあ、この映画では殺される側なんすけどね、すっごい悪いやつなんすよ。

ああ、ほんと怖いなこの人。

内山理名の小さいときを堀北真希がやってるんすけど、違和感あった。

堀北真希が成長して内山理名にって違和感ありあり。

役者を二人使う意味もなさそうだけどなあ。

童顔だから内山理名が小中学生のときやっても違和感なさそうだし、

シャープな顔してるから堀北真希が大学生役やってもいけるような気がするし。

なんでいちいちふたり使ったんでしょうか。

緒形直人もよかったね。

北京原人 Who are you?」に出てからコメディ男優の道を歩んでしまうのかと勝手に危惧してたけど、

シリアス役を見事に演じてました。

真面目でだまされちゃう男。

うーむ、はまってたなあ。

大真面目な人だけに、切れたときも大真面目に狂気の底に落ちるってかんじで、

家の中でチェーンソーを振り回す姿に妙な怖さがあったね。

真面目な好青年役が多い人っすけど、

悪役をどんどんやってほしいっすね。

まあ、他にもけっこういろんな人、

安めぐみとか塚本高史とかが出てて豪華なキャストだし、

サスペンスで最後まで緊張が引っ張られるので、

サスペンスが好きな人にはオススメかな。

原作:野沢尚/深紅 (講談社文庫)

主題歌:信近エリ/Lights

「深紅」をDMMでDVDレンタルする

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック