『ベイマックス』を見た【映画】アメコミ「BIG HERO 6」をディズニーがCGアニメ化したヒーローアクション

「ベイマックス」 これはおもしろかった。 ベイマックスはいいキャラしてますねえ。 邦題は「ベイマックス」だけど、 原題は「BIG HERO 6」っていう題名で なんかヒーローもののアメコミらしいっすね。 なんか感動もののヒューマン・ドラマなのかと 思って見始めたのだが かなりゴレンジャー的な話で 最後は完全にヒーロー戦隊ものの感じになってて 見終わって原題見たら ビッグヒーロー6っていうことで ああ、もともとヒーローアメコミなんだと。 ベイマックスはチームの中の一人にすぎないのだが まあ、かなりキャラ立ちしてるので ほとんど主役みたいに感じただけだったか。 チームの一人というか主人公の子供が操作するロボット。 兄貴が人の痛みを取り除く介護医療ロボットとして 開発していたのを主人公が改造して 戦えるロボットにする。 このへんは日本の鉄人28号とかアトムとかプラレス3四郎とかの オマージュなんすかねえ。 ベイマックスの動きの面白さ、 舞台となる都市の風景の面白さ、 それでもうけっこう満足しちゃったなあ。 街の風景はけっこうおもしろいっすね。 サンフランシスコと東京をミックスした架空の都市らしいんすけど、 ほとんど日本っすね。 坂がすごいいっぱいあるところが サンフランシスコっぽいけど、 町の看板とか家の中の電化製品の…

続きを読む

ララピポ

いろんな人がいます「ララピポ」 奥田英朗の小説「ララピポ」の映画化。 ちょっとポップなかんじの作品です。 緑色したモフモフのチンコが喋ったり、 色使いも原色系で派手だったり、 ポッピーな雰囲気。 残念なのが、原作の物語が交錯して高揚していく感じが映画には薄かったところ。 あの人とこの人がここで交錯して、 こんな展開でこんな結末になるんだ、 うわー、盛り上がってきたなあという熱さが映画にはないんだなあ。 エロの要素が薄いからなんすかね。 エピソードは、エロ控えめの方向に変更されていたので、 残念といえば残念か。 エロ小説を書いてる老作家のエピソードはきっちりやってほしかったなあ。 うーむ、なんていうか人間の寂しい性というか、 欲望と寂寥感、生きることの滑稽さみたいなのが、 全体を貫いている話なので、 ポップなタッチで描くより、 ドロドロ方面の絵作りをしてほしかったような気がする。 平成ノブシコブシの吉村崇が演じるカラオケ店員が特撮ヒーローマニアかなんかで、 キャプテンボニータっていうキャラを自分で作ってあーだこうだやるのを CGで見せてくれたりするんだけど、 なんか違うなあと。 妄想のCG再現映像はとくに必要なかったような気がする。 まあ、明るい感じでさくっと見れたのでその点はよかった。 成宮寛貴の軽いスカウトマン役ははまっ…

続きを読む

もっと見る