『拳銃無頼帖 抜き射ちの竜』を観ました【映画】

「拳銃無頼帖 抜き射ちの竜」 なかなかおもしろかった。 でも、いまいちなんすよねえ。 お話がスカッとしないんすよ。 巨悪を撃つとか、仲間を守って立ち上がるとか、 そういうわかりやすい話ではないのです。 悩む主人公みたいな。 ヤクザな生き方を辞めたいけども、 抜き射ちの竜と呼ばれるほどの 拳銃の腕前があるがために、 普通の生き方をさせてもらえない、 できない男の悩みの物語なので、 痛快娯楽アクションみたいなトーンではないのです。 まじめに生きてみたいけども、 恩義になった西村晃には 貸しがあるからそれを返さなきゃいけないと 仁義、貸し借りを重要に考えている 大真面目な不器用男が赤木圭一郎演じる男なのです。 西村晃はあやしい中国人。 ライバル役は宍戸錠。 ヒロインは浅丘ルリ子とキャストはいい味でてます。 街並みもいい味出てますねえ。 高層建築がまるでないし、 道路も農道みたいな舗装なしのとこが多かったり、 え?これが銀座かみたいな、 まだまだ田舎臭い都会をでっかいアメ車が走る違和感が半端ない。 役者はいい味出してる。 街並み背景もいい味出てる。 物語にもうひとつパンチがないのが残念なところでありますな。 生き方に悩んでるだけっていうのは いまいち乗れない話です。 まあでもけっこうよかったっすね。 赤木圭一…

続きを読む

もっと見る