『風速40米』を見たんだ【映画】

2017/07/05 19:58
石原裕次郎が建築技師の息子を演じた作品。 かなり変な感じの映画でした。 なんだかよくわからない。 尊敬する父親の惨めで情けない姿を見せられて それでも父を励ます 前向きな青年の話ってことになるのかな。 オープニングは山登り。 風速40メートルっていう題名なので 登山の映画かなと思ったらそうじゃなかった。 父親は宇野重吉で、 定年間近のベテラン建築技師。 石原裕次郎は 工学部..

続きを読む

『赤い波止場』を見たんだ【映画】

2017/06/25 20:07
いやー、かっこいいですね、石原裕次郎。 裕さんが 神戸を舞台にかっこつけまくる1本。 かっこつけてかっこつくんだから 困ったもんだ。 白いスーツに身を包み 颯爽と歩く姿がすでにかっこいい。 顔半分隠れるほどの でっかいサングラスもなんのその。 着こなしちゃうんだからなあ。 モテモテで女がほっとかないでしょって言われて、 自分じゃ意識してないのに 女がよってきて困ったもんです..

続きを読む

『明日は明日の風が吹く』を見たんだ【映画】

2017/06/22 20:10
斬新な任侠映画。 新しい時代の新感覚ヤクザムービーな感じがしました。 だって最後、 話し合いで決着がついちゃうんだぜ? だいたい任侠映画って 話がこじれて話し合いじゃどうにもならないから、 最後は血みどろの争いで 血が流れて決着するっていうものが多い。 それがこの映画では 話し合いで話がつくのです。 けっこう驚きました。 最終決戦に向かう前、 石原裕次郎が北原三枝と ヤ..

続きを読む

『太平洋ひとりぼっち』を見たんだ【映画】

2017/06/21 19:55
石原裕次郎と市川崑監督による実録ドラマ。 1962年に風力のみの小型ヨットで 太平洋横断をした 堀江謙一氏の話を映画化したものらしいです。 ヨットでの石原裕次郎の独り芝居と、 回想による航海に出るまでのドラマの映像で 構成されています。 登場人物は少ないです。 石原裕次郎の妹役で浅丘ルリ子が出てるんだけど、 最初よくわからなかったなあ。 浅丘ルリ子の特徴的な いつものアイメイクをしてなかったので ..

続きを読む

『花と竜』を見たんだ【映画】

2017/06/18 19:48
石原裕次郎の任侠映画。 なんだか高倉健さんが主演でやるような 役柄と内容でした。 石原裕次郎は、 こういうヤクザな役って意外とやってないような。 やってたかなあ。 時代は明治。 石炭景気にわく北九州の門司。 若い石原裕次郎は荷役で稼いで ブラジル移民の旅費を貯めようと考えるのだが、 ひょんなことから人足たちのリーダーとなり 揉め事の矢面に立つことになるってな感じです。 度胸があり人情に篤い九州男児..

続きを読む

『陽のあたる坂道』を見たんだ【映画】

2017/06/17 20:02
モノクロ文芸ドラマ。 石原裕次郎に当て書きした小説が原作で、 イメージは「エデンの東」のジェームス・ディーンらしいです。 確かにこの映画の石原裕次郎の役は、 本人のイメージとぴったり合致してて かなり魅力的に見えました。 陽気で明るく無邪気な顔の下には 誰よりも家族を思い 自分の存在意義に悩んでいる暗い面が隠されている。 しかも、奥さんの北原三枝がヒロインで出てくるんだから、 いっそうリア..

続きを読む

"辻井正則" というタグが登録された記事をすべて見る