『さすらい/小林旭』を読んだんだ【読書】

2017/07/23 20:54
マイトガイ小林旭の自伝。 映画スターが存在した時代の話は やっぱりおもしろいですね。 今じゃ想像もつかない。 映画が産業として成り立っていた時代。 映画製作会社が俳優、スタッフ、機材、セットを 大量に確保して年間に何百本という作品を 作っていた時代があったんすねえ、昔の日本に。 そんな時代に石原裕次郎に続くスターとして 日活で人気を博していた小林旭氏。 小林旭という名前は知っているけども、 あんまりイメ..

続きを読む

『裕次郎時代/百瀬博教』を読んだんだ【読書】

2017/07/20 20:30
赤坂のナイトクラブ「ニュー・ラテン・クォーター」の 用心棒だった著者が綴る 石原裕次郎のいたあの時代。 昭和30年代、40年代の思い出エッセイって感じかな。 裕次郎時代っていう題名なので、 石原裕次郎のことは当然書かれているけども、 それだけじゃなくて、 裕次郎たちが太陽のように輝いていたあの時代の 空気みたいなのを描写してる感じです。 なので石原裕次郎のこと以外も たくさん書かれてて なかなかおもしろ..

続きを読む

『弟/石原慎太郎』を読んだんだ【読書】

2017/07/17 19:57
石原裕次郎とは何者だったのか? 裕次郎世代ではないので 昭和の大スター石原裕次郎と 言われてもいまいちピンとこなかったりします。 自分にとっては、 小さい子供の頃に見た「西部警察」で 最後に出てきて 酒を飲むおじさんというのが 石原裕次郎を認識した最初かな。 かっこいいとか スターとかそういう存在ではなかったですね。 なんか落ち着いた 恰幅のいいおじさんみたいな感じ。 あとは大人になってから..

続きを読む

『わたしの渡世日記/高峰秀子』を読んだんだ【読書】

2017/06/27 19:58
自分の文体を持ってる人の文章は読みやすく そしておもしろい。 内容もよかったけど、 高峰秀子という人柄や性格を想像させる文体が おもしろくてよかったですね。 なんていうか、威勢が良くて 思い切りのよい性格のようで 実はそんなに ドライな人でもなさそうっていうかなあ。 子供が大人のふりして 背伸びしてるみたいな。 そんな感じがするんだな、高峰秀子を見てると。 老成した子供。 文章からそんな印象..

続きを読む

『死をみるとき 裕さんが書き遺したもの/石原裕次郎・石原まき子』を読んだんだ【読書】

2017/06/23 19:57
石原裕次郎の闘病生活をつづった 奥様の日記と ハワイや自宅でのプライベートな写真で 構成された本。 裕さん本人の日記というか 短いメモ書きもときどきあります。 石原裕次郎という人は 20代後半から亡くなるまで 怪我や病気に悩まされ続けたんだなあ。 写真に写る石原裕次郎は、 年齢よりも相当老けて見えるし、 表情に疲労の影が常につきまとっている。 肉体的な輝きのピークが ..

続きを読む

『黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて/田草川弘』を読んだんだ【読書】

2017/05/26 06:25
いろいろあったんすねえ。 映画「トラ・トラ・トラ!」での黒澤明監督降板の 経緯を解明しようとした本です。 黒澤明vs.ハリウッドという題名だけど、 この本を読んでみると 黒澤明とハリウッド資本が敵対して 監督降板になったというより、 意思の疎通ができてなくて、 ぽしゃったって感じがしました。 日本側に資料がまったく残ってなくて アメリカ側には資料がたくさん残ってたみたいで けっこう詳しいことがわかってお..

続きを読む

"読書" というタグが登録された記事をすべて見る