『化石の荒野』を見たんだ【映画】

>化石の荒野 [ 渡瀬恒彦 ] よくわからんがスケールはでかい。 スケールがでかいが、よくわからない。 それが西村寿行アドベンチャーロマンアクション。 なんだろなあ、このよくわからなさ。 よくわからないけど話がでかい。

続きを読む

『蔵の中』を見たんだ【映画】

>蔵の中 [ 山中康仁 ] 怪奇、デカダンスな世界。 雰囲気はけっこう好きですね。 このたっぷりねっとり時間をかける感じ。 単なるミステリーやサスペンスと考えると 前半、ゆっくりやりすぎで

続きを読む

『湯殿山麓呪い村』を観た【映画】

湯殿山麓呪い村 [ 永島敏行 ] 奇妙なミステリ。 横溝正史系の過去の因縁で禍々しい殺人事件が~ っていうやつのフォーマットなのだが、 奇妙なことが 登場人物が全員、殺人事件に興味を持っていない。 密室殺人が起こるのだが、 誰も事件に興味を持っていないのです。 これはすごい奇妙でしたねえ。 こういう過去の因縁ものって、 過去の事件と現在の事件の関係、 犯人は誰か、 犯行動機は何か、 密室のトリックは?みたいなものが 興味の中心に据えられて、 探偵役がその謎をさぐって行動していくものだと思うのだが、 この映画には探偵役がいない。 主人公は一応永島敏行なのだが、 彼は殺人事件にまったく興味を持っていない。 彼の興味は即身仏だけです。 封印された即身仏を自分の手で掘り返すことしか頭にない。

続きを読む

『悪魔が来りて笛を吹く』を観た【映画】西田敏行が金田一耕助を演じた横溝正史ミステリー

悪魔が来りて笛を吹く [ 西田敏行 ] よくわからなかった。 何がおきて何を調べているのかが なんだかよくわからんのです。 まあ、事件は起きてますし、 西田敏行演じる金田一耕助は何かを調べていますし、 何かがおきて何かを調べているのだが 何をしているのか いまいちよくわからんのです。 何をしているかよくわからないまま、 時間だけが過ぎていく。 そして衝撃的な結末が……。 そういうことなのかとは思うのだけど、 それまでの話がその結末をうまく盛り上げるようには なってないのがなんだかなあと。 腕の力こぶをピクピクさせて 思考にふける西田敏行金田一耕助。 あやしげなオーラをふりまく鰐淵晴子。 闇屋として梅宮辰夫、 漁師役で中村雅俊とかチョイ役も個性的でいい。 横溝正史ものに必要なドロドロムードは十分ある。 でもお話がよくわからないのが残念無念。 まあ、金田一耕助ものの映画化作品で 物語がちゃんとしてるものってあんまりないかもですね。 それに金田一耕助そのものが

続きを読む

『金田一耕助の冒険』を観た【映画】大林宣彦監督、古谷一行、田中邦衛出演、横溝正史原作の「瞳の中の女」をパロディ満載…

金田一耕助の冒険 [ 古谷一行 ] これは公式同人映画みたいな感じなんすかね。 本物による本物公認の同人映画。 なので横溝正史の金田一耕助ものの知識がないとまったく楽しめない。 パロディはオリジナルを知っていなければ おもしろさはわからないってことで 横溝正史好き、金田一耕助好きにおすすめな映画だった。 金田一耕助ネタ、横溝正史ミステリーネタに加えて 角川映画ネタのパロディもあるので 読んでから見るか見てから読むか年代の 邦画好きの人も楽しめるんじゃないすかね。 太陽に向かってウォーウォー吠える刑事とか、 若い人はまったく何がなんだかなネタなんだろうなあ。 CMのパロディとかもあるから 自分もさっぱりなんのことかわからないネタもあるし、 ネタと気がついてないものも相当あるんだろなと。 唐突に「白昼の死角」のパロディが始まったときは笑ったなあ。 夏八木勲がオオカミは生きろブスは死ねとか言い出して あのテーマ曲が流れて白昼の死角のTVスポットのパロディが始まるとか。 本物がやるから笑える。 等々力刑事はRX-7に乗った田中邦衛。 古谷一行演じる金田一耕助に、あんたね、血が汚れてるとか 呪われた血筋とかいうだけで、 全然事件を解決してないじゃないかと いきなり突っ込んだりするわけ。 確かにその通りで金田一耕助は事件を未然に防ぐこともないし …

続きを読む

『REX 恐竜物語』を見た【映画】角川春樹監督、安達祐実主演、恐竜と少女の交流を描いたファンタジードラマ

「REX恐竜物語」 これはけっこうすごい。 子供は喜んで楽しみそう。 出来はいいと思う。 劇場公開当時、確か角川春樹が問題を起こして すぐに打ち切りになったんじゃなかったっけ。 自閉症の女の子が恐竜の子供と アドベンチャーするという内容に とにかくハイになってぶっ飛んだ企画だなと 色物扱いしたくなるけども、 見たらけっこうよく出来たファンタジーになってました。 いやね、ツッコミだしたら突っ込みどころしかないのだが まあ、それはファンタジーだから こんぐらいのぬるさでいいんじゃないと 無視できる、許容できるゆるさなんすよ。 辻褄とか全然あってないけども、 それは童話や昔話と同じレベルだと思えばいいのです。 そもそもが縄文人の洞窟に行ったら 恐竜の卵があって、なんかそこには砂金採りの爺さんがいて 仙人みたいなことしててって もうめちゃくちゃなんすから。 森林の空撮映像がカールスモーキー石井の歌にのって 流れてくるんだけど あれって日本じゃないスケールのでかさの森林映像なんすよ。 あれどこだろ。 南米とか中国とかっすかねえ、 日本なんすかねえ、北海道とかか。 そんなジャングルなとこを 小さい安達祐実を連れて軽装備で奥深くまでいく渡瀬恒彦たち。 すべてがこの感じなので ファンタジーなので細かいとこは まあ、そういう…

続きを読む

もっと見る