『流れる』を見た【映画】

流れる 【東宝DVDシネマファンクラブ】 流れない。 話がなんか停滞してるっていうか、 澱んでるっていうかねえ。 底のほうでヘドロが沈殿してるみたいな スカッとしない話でした。

続きを読む

『めし』を見ました【映画】

めし [DVD] わたしって毎日旦那のめし作って 洗濯して掃除しての繰り返し。 これじゃあ、飯炊きおばさんじゃないの。 私の幸せってこれなの?みたいな話。 夫婦仲は倦怠期。

続きを読む

『放浪記』を見たんだ【映画】

放浪記 【東宝DVDシネマファンクラブ】 高峰秀子のぼやき漫談。 いやー、高峰秀子の顔演技っていうんすか。 表情演技がおもしろい。 若いときのなんだろ、 ひねくれたというかすねたような すまし顔なんか絶品ですよ。 私なんてどうせどうせ顔っていうかね。

続きを読む

『乱れ雲』を見た【映画】

乱れ雲 違う出会い方をしていれば、 幸福な関係になれたかもしれない二人。 もしくは、不幸な出会い方をしたからこそ そう思ってしまうだけかもしれない二人。 そんな感じのメロドラマ。 いやー、若大将が若いっすね。 シュッとしたアーバンな雰囲気ただよう ハンサムガイな加山雄三。 司葉子も品を感じる美女ですし、 美男美女が不幸を接点として出会う話。 司葉子の夫は通産省の官僚かなんかで 海外への転勤が決まっていたのだが その夫を加山雄三が車で轢き殺してしまう。 加山雄三は商社のサラリーマンでお偉いさんの娘と 付き合っていたのだが破談、 青森へ左遷されることになる。 交通事故は不可抗力の事故で 刑事責任は問われないのだが 相手が官僚だったということで 会社での出世の道はなくなり、 お偉いさんの娘とも別れることになり、 司葉子には賠償金を払うことになりで 加山雄三の人生設計は白紙になる。 まあ、司葉子のほうも子供もできて 夫と一緒にアメリカに赴任すると 決まっていた矢先の事故なので こっちも人生設計はまったくの白紙となってしまう。

続きを読む

もっと見る