『夜霧よ今夜も有難う』を見たんだ【映画】

2017/09/16 19:58
石原裕次郎の無国籍ムードアクション。 裕さんは、もうこのぐらいから、 晩年の太陽にほえろとか西部警察時代の ボスの雰囲気になってますね。 まだ30歳代のはずなのだが、 貫禄ありすぎる。 やはり石原裕次郎は 普通の人の数倍のスピードで 生きていたと思わずにはいられない。 見た感じのオーラは、 45歳ぐらいのナイスミドルみたいです。 内容は日活のいつもの感じなんすよ。 善玉、悪玉、男と女。 港で..

続きを読む

『赤いハンカチ』を見たんだ【映画】

2017/08/23 20:08
歯並びが悪い。 石原裕次郎も浅丘ルリ子も二谷英明も歯並び悪い。 ガチャガチャ。 石原裕次郎がニヤリとするシーンとか 浅丘ルリ子がにこっとするシーンとか 前歯がガチャガチャで驚く。 二谷英明が大口開けて喚くシーンとか、 虫歯の治療の銀歯がガタガタしてるのが見える。 それが妙にリアリティを醸し出してたなあ。 みんな貧乏育ちっていう感じがすごいした。 今は役者はみんな歯並びが良すぎて 真っ白で不自然すぎたりす..

続きを読む

『零戦黒雲一家』を見たんだ【映画】

2017/08/06 20:32
バ・カ・ヤ・ロ。 石原裕次郎の戦争映画。 裕さんが零戦乗りを演じてます。 太平洋戦争末期、 南方の島に取り残された部隊のもとに 石原裕次郎が新任の隊長としてやってきます。 物資の補給も人員の補充もなく、 本隊から見放されたとやけになってる隊員たち。 そのリーダー格が二谷英明。 俺たちに玉砕しろと命令しに来たんだろと 石原裕次郎に反発する隊員たちだが、 裕さんの男のでっかさを知り、 裕さんを隊長とし..

続きを読む

『裕次郎時代/百瀬博教』を読んだんだ【読書】

2017/07/20 20:30
赤坂のナイトクラブ「ニュー・ラテン・クォーター」の 用心棒だった著者が綴る 石原裕次郎のいたあの時代。 昭和30年代、40年代の思い出エッセイって感じかな。 裕次郎時代っていう題名なので、 石原裕次郎のことは当然書かれているけども、 それだけじゃなくて、 裕次郎たちが太陽のように輝いていたあの時代の 空気みたいなのを描写してる感じです。 なので石原裕次郎のこと以外も たくさん書かれてて なかなかおもしろ..

続きを読む

『弟/石原慎太郎』を読んだんだ【読書】

2017/07/17 19:57
石原裕次郎とは何者だったのか? 裕次郎世代ではないので 昭和の大スター石原裕次郎と 言われてもいまいちピンとこなかったりします。 自分にとっては、 小さい子供の頃に見た「西部警察」で 最後に出てきて 酒を飲むおじさんというのが 石原裕次郎を認識した最初かな。 かっこいいとか スターとかそういう存在ではなかったですね。 なんか落ち着いた 恰幅のいいおじさんみたいな感じ。 あとは大人になってから..

続きを読む

『風速40米』を見たんだ【映画】

2017/07/05 19:58
石原裕次郎が建築技師の息子を演じた作品。 かなり変な感じの映画でした。 なんだかよくわからない。 尊敬する父親の惨めで情けない姿を見せられて それでも父を励ます 前向きな青年の話ってことになるのかな。 オープニングは山登り。 風速40メートルっていう題名なので 登山の映画かなと思ったらそうじゃなかった。 父親は宇野重吉で、 定年間近のベテラン建築技師。 石原裕次郎は 工学部..

続きを読む

"石原裕次郎" というタグが登録された記事をすべて見る