『赤穂城断絶』を見たんだ【映画】

赤穂城断絶 [ 萬屋錦之介 ] 仁義なき忠臣蔵。 深作欣二監督による忠臣蔵映画。 監督が仁義なき戦いの深作欣二と思って見るからなのか、 なんか仁義なき戦いの時代劇バージョンに見えちゃった。 組長がメンツをつぶされて怒って刃傷沙汰を起こす。

続きを読む

『資金源強奪』を見た【映画】深作欣二監督、北大路欣也主演による犯罪アクション

「資金源強奪」 脂っこい。 それにつきるなあ。 北大路欣也という俳優の目力の強さ。 黒い、強い、すばしっこい。 こってりしてるね。 梅宮辰夫もいかにもな悪そうな感じ。 もうね、川谷拓三のやられ芸は国宝級ですねえ。 威勢は良いけど、 勢い良くやられてしまう川谷拓三。 いいなあ。 愛すべきキャラクター。 そんなこってりメンツがそろって、 監督は深作欣二で犯罪もの。 深作欣二監督による臨場感あるアクション映像。 冒頭の銃撃するところとかカメラがぶれぶれで 臨場感あるんすけど、 あれはやっぱ、役者のほうの動きも すごいから臨場感があるんだろうなあ。 運動神経がいいっていうか、 アクションに対して、反応してアクションを返す。 肉体の反応と反応の連鎖。 その俳優同士のやりとりが続くから 映像に躍動感があるんすねえ。 お話は大金をめぐる犯罪サスペンス。 ちょっとコメディタッチなところもありますね。 BGMがおとぼけな感じのところもあるし、 ヤクザの賭場を襲うところなんかけっこうコミカル。 梅宮辰夫が若い未成年を妻にしてて そのやりとりもコミカルです。 川谷拓三と室田日出男の二人のとこもコミカルだなあ。 けっこうあぶない話なんすけどね。 北大路欣也は敵対する組の組長を撃って服役。 出所したら状況はかわってて …

続きを読む

『人生劇場』を見た【映画】尾崎士郎の小説を深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫の3監督が映像化

「人生劇場」 大河ドラマ。 監督が3人もいるんだぜ。 深作欣二・佐藤純彌・中島貞夫。 どういうことで監督3人になったんすかねえ。 なんか昔の侠客とかバンカラとかの話みたいっすね。 地方の落ちぶれた商人かなんかの息子が 東京に出てきて大学で学生運動したり 作家になったりと激動の人生を生きていくのを 女をからめて描くみたいな。 あとは松方弘樹演じるやくざ者の人生の話。 こっちも女がらみ。 だから特に結論はありません。 この先も、彼らの人生は続くのであった、 完、ってな終わり方です。 好き合ったのに別れてしまった男と女。 そういう話なので 当然濡れ場が満載で 女優が脱ぎまくってます。 普通にヌードになってますけども、 今、こういうのってあんまりないっすよねえ。 マイナー系の映画で脱いでるとか、 アート系で脱いでるとかはありますけども 大衆ドラマど真ん中みたいなメジャー系作品で 女優が何人もっていうのはないなあ。 松坂慶子、中井貴恵、森下愛子らのヌードが見れます。 みんな若いので綺麗な体してますよ。 森下愛子と永島敏行は「サード」を思い出したなあ。 そういやこの二人は「十八歳、海へ」でもラブシーンやってたなあ。 永島敏行は松坂慶子を抱いてからの森下愛子です。 中井貴恵の相手は松方弘樹からの風間杜夫。 嫌いになって別…

続きを読む

『おもちゃ』を観た【映画】深作欣二監督、新藤兼人脚本による京都の花街に生きる女たちを描いたドラマ

「おもちゃ」 芸者映画の決定版だなあ。 これはおもしろかった。 売春防止法が施行される直前の京都の置屋が舞台で 下働きしてる宮本真希がおもちゃという名の舞妓として デビューするまでを描いてる。 これがおもしろいのです。 京都の置屋のシステム、芸妓たちの生活、 女たちに群がる男たち、 金と貞操、 そういうのをうまく盛り込みながら話が進むので まったく飽きることがなかった。 ものすごくうまく出来てる。 芸妓の世界を説明臭くなく 自然にわかるように作られてるのがよかったし、 最後に宮本真希のヌードもあってよかったっすね。 まあ、ものすごく紗がかかったぼやーっとした 映像で幻想的に描かれていましたが 綺麗な裸でよかったですよ。 それに内容もいい。 綺麗事は描いてない。 芸妓はただ体を売る素人売春婦とは違うというプライドがある一方、 やってることは本質的には同じだというね。 女の体、女そのものをお金で買う男たちとの商売であるということは はっきりと描いてあるわけで。 津川雅彦の愛人やって富司純子は置屋の女将をやってる。 姉さん芸妓の南果歩、喜多嶋マイ、魏涼子らは 自分を高く買ってくれる男たちを渡り歩く。 富司純子は宮本真希のデビュー資金を用立てるために 好きでもない男に体を委ねたりするわけ。 女を売る女たちに大金を持ってく…

続きを読む

『狼と豚と人間』を観た【映画】深作欣二監督が三國連太郎、高倉健、北大路欣也を迎えて描く犯罪人情ドラマ

「狼と豚と人間」 豚小屋みたいなスラム街出身の3兄弟の話。 長男の三國連太郎は親の金を盗んでスラムから脱出して ヤクザの幹部として成り上がろうとしていた。 次男の高倉健も続いて小金を盗んでスラムを脱出。 チンピラとしてやばいことしたあげく 懲役くらった後はヒモ生活。 三男の北大路欣也はスラムに残って母親の面倒を見ていた。 スラム街を捨てて外で 別の人間になろうとした長男と次男。 スラムに残った三男。 どいつが狼でどいつが豚でどいつが人間なんすかねえ。 三國連太郎はヤクザ組織でけっこううまくやってて クラブをオープンさせるとこまで 出世してる。 組織のボスに従順でコツコツやって 金のためには親兄弟も捨てるというのは豚なんすかねえ。 高倉健はスラムを捨てたが 組織には属さず相棒と組んで 三國連太郎が属する組のドラッグ取引を 襲撃して金を奪う計画を立てる。 これは狼ってとこかなあ。 そうすると三男の北大路欣也が 人間ということになるのだが 果たして彼が人間なのかというと どうも違うような気もするのだが。 スラムで生まれてスラムで育って スラムを捨てずにいる。 真面目なのかというと真面目ではないんすよ。 仲間と一緒に犬鍋食ってパーティーしたり ひゃっほーいつっていつも遊んでます。 うーむ、三國連太郎が人間なんだろか…

続きを読む

もっと見る