『零戦黒雲一家』を見たんだ【映画】

2017/08/06 20:32
バ・カ・ヤ・ロ。 石原裕次郎の戦争映画。 裕さんが零戦乗りを演じてます。 太平洋戦争末期、 南方の島に取り残された部隊のもとに 石原裕次郎が新任の隊長としてやってきます。 物資の補給も人員の補充もなく、 本隊から見放されたとやけになってる隊員たち。 そのリーダー格が二谷英明。 俺たちに玉砕しろと命令しに来たんだろと 石原裕次郎に反発する隊員たちだが、 裕さんの男のでっかさを知り、 裕さんを隊長とし..

続きを読む

『花と竜』を見たんだ【映画】

2017/06/18 19:48
石原裕次郎の任侠映画。 なんだか高倉健さんが主演でやるような 役柄と内容でした。 石原裕次郎は、 こういうヤクザな役って意外とやってないような。 やってたかなあ。 時代は明治。 石炭景気にわく北九州の門司。 若い石原裕次郎は荷役で稼いで ブラジル移民の旅費を貯めようと考えるのだが、 ひょんなことから人足たちのリーダーとなり 揉め事の矢面に立つことになるってな感じです。 度胸があり人情に篤い九州男児..

続きを読む

『藪の中の黒猫』を見たんだ【映画】

2017/04/10 08:08
お母さーん。 おっかあでもなく母上でもなくお母さん。 平安時代を舞台にした妖怪化け猫ものの体裁で 母と子、夫と妻の愛情、 戦乱の世のむなしさを描く。 モノクロが美しいですね。 平安時代には白黒映像が良く似合う。 というのは、平安ぐらいだと まだ夜は真っ暗で闇の世界が幅を利かせてるじゃないすか。 その闇の中に物の怪や怪異が潜んでいても おかしくない。 そういうムードが平安にはあるから モノクロで表現..

続きを読む

映画『肉体の門』を観た

2013/09/30 19:07
「肉体の門」 肉体関係。 人間、肉体にこそもっとも価値がある。 戦後の闇市で体を売ってたくましく生きる女たちの話。 騒がしい騒がしいのなんの。 なんかセリフがよく聞こえないんすけど。 怒鳴ってて音質もあんまりよくないので 何を言ってるのかよくわかんないなあみたいなとこも ありましたけども それも活気の表現だと思って見れたね。 パンスケが共同生活してるんすよ。 男とはタダでは寝ないという掟の元に た..

続きを読む

渡辺典子の『晴れ、ときどき殺人』を観た【映画】

2012/06/17 06:35
「晴れ、ときどき殺人」 なんだかなあ。 赤川次郎原作のミステリー・サスペンスなんすけど、 ひどいもんすよ。 角川映画ということで、 アイドルヒロインに渡辺典子ですけども、 なんだかなあという出来ですねえ。 若いなあ、あたしゃねーでおなじみの浅香光代が若い。 伊武雅刀も若い! まあいろいろと若いのだけど、 見所はそれだけのようなもんですよ。 なんなんだろなあ。 殺人に全然切迫感なし。 ..

続きを読む

Mishima: A Life In Four Chapters(ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ)【映画】

2008/02/05 21:30
Mishima: A Life in Four Chapters 日本未公開の三島由紀夫映画。 これはかなりよかったですね。 三島由紀夫の作品「金閣寺」「鏡子の家」「奔馬」を 抽象的なセットで映像化したものを挿入しながら、 三島由紀夫が自衛隊で演説して自決にいたるまでをリアリティをもって描いた超大作。 オールスターキャストといえる豪華出演者たち。 三島由紀夫役は緒形拳です。 最初はあまり似てないなあってかんじだったんです..

続きを読む

"江角英明" というタグが登録された記事をすべて見る