『処刑の島』を見た【映画】武田泰淳の短編小説「流人島にて」を石原慎太郎脚色、篠田正浩監督で映画化したサスペンス

2018/04/10 06:33
武田泰淳の短編小説「流人島にて」を 石原慎太郎脚色、篠田正浩監督で 映画化したもの。 復讐サスペンスものなんすけど、 なんだかいまいちでした。 うーん、どうなんだろ。 最後、指詰めて終わりって、 ヤクザのケジメのつけかたみたいで なんだかしっくりこなかった。 指一本斬り落とさせて、 それで納得なの? よくわからなかった。 主人公が少年時代を過ごした離島を訪ねる。 主人公は、 子供のころ..

続きを読む

『「エロ事師たち」より 人類学入門』を見た【映画】野坂昭如の原作を今村昌平が監督した性欲風刺喜劇

2018/03/09 05:25
エロに情熱をかける男たちのドラマ ってことでいいのかな。 よくわからなかったけど。 コメディなのかシリアスなのか。 どっちでもあるけど。 モノクロ映画です。 エロ事師っていうのは、 エロ映画作って売ったり、 エロ写真作って売ったりして 生計を立ててる人のことらしい。 職業エロ事師っていうことかな。 時代はアダルトヴィデオなんかが 出てくるずっと前。 8ミリフィルムで動画撮影してましたよ。 ..

続きを読む

『あした晴れるか』を見たんだ【映画】

2017/06/19 19:37
なんてこった。 ラブコメで始まったのに、 任侠もので終わったでござるの巻。 そんなバカな。 腕白カメラマン男子とメガネっ子女子の 恋の行方はいかにって感じで 完璧なラブコメ設定で 完璧なラブコメなやりとりが展開していく。 恋のライバルとして地黒女子や、 メガネ女子の弟(実は従弟)が現れ、 二人の恋の行方はいかにと盛り上がる中盤。 完璧にラブコメテイストじゃないすか。 なのに石原裕次郎と芦川いづみは..

続きを読む

『藪の中の黒猫』を見たんだ【映画】

2017/04/10 08:08
お母さーん。 おっかあでもなく母上でもなくお母さん。 平安時代を舞台にした妖怪化け猫ものの体裁で 母と子、夫と妻の愛情、 戦乱の世のむなしさを描く。 モノクロが美しいですね。 平安時代には白黒映像が良く似合う。 というのは、平安ぐらいだと まだ夜は真っ暗で闇の世界が幅を利かせてるじゃないすか。 その闇の中に物の怪や怪異が潜んでいても おかしくない。 そういうムードが平安にはあるから モノクロで表現..

続きを読む

『沈黙 SILENCE』を見たんだ【映画】

2017/02/13 07:29
沈黙 SILENCE なぜ神は沈黙するのか。 人は神の沈黙にどこまで耐えられるのか。 みたいなことですかねえ。 遠藤周作の小説「沈黙」を篠田正浩監督が映像化したものです。 マコ岩松氏が企画にかかわってるみたいですね。 重要キャラとして出演もしてました。 脚本に遠藤周作の名前があるので これは小説に忠実な映画化なんすかね。 小説を読んだことないので どんな話か全然知らないで映画を見ました。 かなり暗いというか..

続きを読む

『赤い殺意』を見たよ【映画】

2016/07/04 07:05
赤い殺意 [DVD] ファミリードラマ。 なんか昔の日本の家庭って こんな感じだったのかあみたいな。 そういうところが感じられるのがおもしろかった。 嫁と姑の関係性。 夫と妻の関係性。 家族の形態が見えるドラマ。 嫁いできた嫁はほとんどお手伝いみたいな扱いですね。 子供生んで育てて 旦那の世話焼いて そうやって家庭を切り盛りするのが嫁の存在意義。 姑がうるさく口を出してくる。 旦那は嫁を..

続きを読む

もっと見る