『風林火山』を見たんだ【映画】

三船敏郎が山本勘助を演じた大河時代劇。 額に傷あり、びっこをひく男として演じてました。 山本勘助って武田信玄に仕えた人で 架空か実在かよくわからん人らしいですね。 兵法に明るい人で数々の戦で

続きを読む

『張込み』を見たんだ【映画】

さあ張込みだ! モノクロ松本清張。 威勢よく始まったので 刑事ドラマかと思ったんすけど、 これはそういうポリスサスペンスとか 刑事アクションとかではなかったですね。

続きを読む

『影の車』を観た【映画】野村芳太郎監督、加藤剛、岩下志麻出演の松本清張サスペンス

「影の車」 これはなかなかよかったっすね。 野村芳太郎監督の松本清張原作もの。 確か何本かあったと思うんすけど、 これが一番おもしろかったかもしれないっすね。 怖さというかなんというか。 加藤剛の中に沸き上がってくる 子供への恐怖の源泉が 子供時代の加藤剛にあるっていうところが おもしろいとこでした。 旅行会社につとめるサラリーマン加藤剛。 地味に堅実に仕事をする真面目な男。 嫁の小川真由美は自宅でフラワーアレンジメントの 教室をしてて夫婦共働きで子供はいない。 加藤剛はこんな毎日に張り合いというか 艶が足りない毎日に漠然と不満を抱えている。 小川真由美とは、なんかこういまいち 心が通じてないようなそんな感じがしてる加藤剛です。 そこに通勤のバスで偶然、 郷里が同じの岩下志麻と出会う。 同郷の懐かしさから急速に仲良くなる二人。 岩下志麻は夫をなくし 6歳の息子と二人暮らし。 加藤剛は妻と別れて 岩下志麻といずれは一緒になりたいとまで思っているのだが、 息子の視線がきになる。 それがエスカレートして もしかして息子は自分を殺そうとしているのではないか と恐怖がつのってくる。 みたいなストーリーです。 これがね。 実に丁寧に描けてていいんすよ。 加藤剛の真面目な感じ。 小川真由美の気遣いのできな…

続きを読む

『黒い画集 あるサラリーマンの証言』を見た【映画】堀川弘通監督、小林桂樹主演の松本清張サスペンス

「黒い画集 あるサラリーマンの証言」 これはいいですね。 保身のための行動が 破滅を呼びこむ結果になる。 小市民の小さな幸せを守らんがために 他人を犠牲にする。 うまくいったと思ったら 小さな幸せを守るどころか すべてを失う結果に。 これぞ人生だなあ。 結果がわかったときには全てが遅すぎる。 あの時、こうしていれば。 あのときあんなところにいなければ。 それは後にならないとわからない。 その厳しさだなあ。 小林桂樹の中年サラリーマンぶりがなかなかいいですね。 昔のサラリーマンってこうなんだなあみたいな。 40歳そこそこで会社では役職についてて けっこう給料はいい。 家庭を持ち、子供は二人。 仕事は楽なもんで、4時とか5時には退社して 帰宅するまでにパチンコ行って一杯飲んで映画見て みたいなひとりの気晴らしする時間もある。 昔のサラリーマンってこんなにゆったり働けたんだみたいな。 その上に、会社の部下の若いタイピストの女を 愛人として囲う余裕もあるのです。 高度成長期のサラリーマンはなんていい暮らしをしていたんだ。 小林桂樹はやっと手に入れた 今の家庭もあって収入も余裕があって 自由な時間もそこそこあって、 若い愛人もいるという小さな大きな幸せに 満足している。 その生活を脅かす出来事に巻き込まれるので…

続きを読む

もっと見る