『天国と地獄』を見たんだ【映画】

>天国と地獄 [ 三船敏郎 ] 前半は好きなんすけど、 後半があんまり好きじゃない映画ですね。 黒澤明監督のミステリーサスペンス。 やっぱり三船敏郎ですなあ。 前半の主役は三船敏郎で、 後半は仲代達矢と山崎努が主役になるんすよ。

続きを読む

『東京湾炎上』を見たんだ【映画】

東京湾炎上 [ 丹波哲郎 ] テロ映画。 これはなかなか新鮮でしたね。 ばんばん人が死んでいく。 え?この人も死んじゃうのかっていうのが あるのでなかなか緊張感があります。

続きを読む

『けものみち』を観ました【映画】松本清張サスペンス

「けものみち」 なんともじわじわくる怖さがある。 これって主人公は池内淳子かと思って見てたんすよ。 夫は寝たきりで旅館の仲居して 貧乏暮らししてる女。 けっこう色っぽい女なんすよ。 それが客のホテルの支配人に見込まれて 政界、財界の黒幕に紹介されて妾となる。 貧乏脱出、成り上がり系ドラマっぽい。 池部良に今の生活から抜け出すチャンスですよ、 僕の道具として働きませんか、 それなりの見返りがありますよと言われて 池内淳子はその気になる。 邪魔な係累は処分するようにと言われて 寝たきりの夫を火事に見せかけて殺す。 池内淳子が悪の道を進んでいくのを描いていく 悪人映画かと思うじゃないすか。 でも、そんな感じじゃないんすよ。 池内淳子が夫を殺してまで 財政界の大立者の妾になるのを選んだのは 池部良に惚れたからなのです。 打算的に男を利用して貧乏から脱出して 成り上がってやろうという感じじゃなくて 惚れた男と一緒にいたいからという 恋に溺れた憐れな女なんすよ。 悪女じゃないんすよ。 なので池内淳子はなにか強い意志を持って行動していかない。 話を引っ張っていかない。 好き好きと池部良を追っかけて 池部良の道具として使われているだけで、 全ての話を裏で糸引いてるのは池部良なのです。 池部良はまるっきり正体不明。 登…

続きを読む

もっと見る