『紅の翼』を見たんだ【映画】

石原裕次郎がパイロット役やってます。 民間の航空会社のパイロット。 小さい飛行機で東京上空を遊覧飛行したり、 チャーター便で飛んだりする会社のパイロットです。 お話はクライム・サスペンスかな。

続きを読む

『神阪四郎の犯罪』を観た【映画】石川達三のベストセラー小説を森繁久彌で映画化

「神阪四郎の犯罪」 これは芥川龍之介の「藪の中」、 黒澤明の「羅生門」の現代版ってことかな。 女が一人死んだということが事実であって、 そこにかかわった周辺人物たちが それぞれ証言するのだが、 その証言は自己保身のために嘘でかためられていて 誰が真実を話しているのかわからない。 誰も真実を話していないのかもしれない。 そんな感じの話です。 森繁久彌が若い若い。 森繁久彌って白髪でメガネのおじいちゃんっていう イメージしかないので 若いときの森繁久彌を見るとなんか違和感があるなあ。 若い森繁久彌と仙人のような森繁久彌が 結びつかない。 まあ、女の胸や腕をべたべた触る スケベそうな動きは お、森繁久彌だって感じがしたけどね。 雑誌編集者の森繁久彌が心中騒ぎを起こす。 女は死んで森繁久彌は生き残ったが、 心中を装った女の金目当ての殺人として起訴される。 死んだ女の日記、森繁久彌の部下の女、森繁久彌の嫁、 森繁久彌が担当していた評論家、 などなどが証人として裁判で証言する。 森繁久彌以外の人間は 森繁久彌がいかに女を無碍に扱う卑劣漢であったか 金に汚い不正を行う人間であったかを証言する。 常に演技しているような心ない男。 女にだらしない、女を人とも思わないひどい男。 これだけ聞いているとどうしようもない悪人なのだが、…

続きを読む

もっと見る