『死をみるとき 裕さんが書き遺したもの/石原裕次郎・石原まき子』を読んだんだ【読書】

2017/06/23 19:57
石原裕次郎の闘病生活をつづった 奥様の日記と ハワイや自宅でのプライベートな写真で 構成された本。 裕さん本人の日記というか 短いメモ書きもときどきあります。 石原裕次郎という人は 20代後半から亡くなるまで 怪我や病気に悩まされ続けたんだなあ。 写真に写る石原裕次郎は、 年齢よりも相当老けて見えるし、 表情に疲労の影が常につきまとっている。 肉体的な輝きのピークが ..

続きを読む

『黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて/田草川弘』を読んだんだ【読書】

2017/05/26 06:25
いろいろあったんすねえ。 映画「トラ・トラ・トラ!」での黒澤明監督降板の 経緯を解明しようとした本です。 黒澤明vs.ハリウッドという題名だけど、 この本を読んでみると 黒澤明とハリウッド資本が敵対して 監督降板になったというより、 意思の疎通ができてなくて、 ぽしゃったって感じがしました。 日本側に資料がまったく残ってなくて アメリカ側には資料がたくさん残ってたみたいで けっこう詳しいことがわかってお..

続きを読む

『ピカソになりきった男/ギィ・リブ』を読んだんだ【読書】

2017/05/20 05:55
これはなかなかおもしろかったです。 贋作画家の自伝なんすけど、 贋作のことがおもしろかったんじゃなくて アート市場というものの 在り方がわかっておもしろかったです。 贋作といっても もともとある作品の複製画を作るんじゃなくて 画家の作風やタッチを完全にコピーして その画家が描いたかもしれない作品を作り出すのが 贋作画家の仕事。 ヤフオクとかで贋作騒ぎがありませんでしたっけ。 誰々の描いたスケッチですと出..

続きを読む

『命売ります/三島由紀夫』を読んだんだ【読書】

2017/05/13 07:03
まるで村上春樹の小説を読んでいるようだった。 文体はまるで違うんすけど、 話は村上春樹の小説みたいで なんか笑っちゃったな。 主人公の男はなんの取り柄もない男だけど、 ふとしたことで勘違い。 世間を見下す態度で特別な人間を気取りだす。 それがよかったのか、 女のほうから寄ってきて簡単にセックス。 欲しくもない金も手に入る。 怪しげな秘密の組織とか出てくるし、 吸血鬼の女とかも出てくるし、 なんだか..

続きを読む

『外国語上達法/千野栄一』を読んだんだ【読書】

2017/05/03 07:41
外国語を習得するコツを教えてくれる本。 これは役に立った。 まず外国語を習得する目的をはっきりとさせる。 ゴールを設定しなければ、 何をやるべきかという目標を設定できない。 そりゃそうだってことなんすけど、 これは意外に盲点だったなあ。 漫然と外国語を話せたらいいなぐらいで やっちゃうとなんにもならないんすよねえ。 よく言うじゃないすか。 日本人は中高大と英語をやるのに まったく話せも書けも読めもしない..

続きを読む

『死後はどうなるの?/アルボムッレ・スマナサーラ』を読んだんだ【読書】

2017/04/09 07:04
題名がスピリチュアルみたいなので そういうやつかなと思って手に取ったんすけど、 中身は仏教の説話ですね。 仏教の世界のとらえ方、考え方を解説している感じです。 仏教ってやっぱり学問なんだなあ。 人間はわからないものをわからないままにしておくことができない。 わからないということが不安で仕方ない。 だから、そこに何か理由をつける。 それが宗教であったり思想であったり科学であったりする。 まあ、だからよく考えられてます..

続きを読む

"本" というタグが登録された記事をすべて見る