『ある映画監督―溝口健二と日本映画/新藤兼人』を読んだんだ【読書】

2017/10/07 19:56
新藤兼人の溝口健二論。 いやー、けっこう辛辣です。 辛辣というか見透かしてるというか。 溝口健二が虚勢を張って、 隠してた弱い部分を 明らかにしてるっていうかね。 溝口健二にかかわったスタッフや俳優は みんなわかってたっていうことっすねえ。 溝口健二は自分が理解できる世界しか演出できない。 わからない題材に遭遇すると狼狽する。 どう演出していいのかわからないので、 俳優を罵倒したり、 セットにけち..

続きを読む

【理屈はいい こういう人間が愚かなんだ―自分という素晴らしい財産へ/大島渚】を読んだんだ【読書】

2017/10/05 19:33
大島渚のエッセイ本。 1993年の出版ということは、 「マックス、モン・アムール」を作ったあとですね。 テレビで活躍してた時期か。 内容はこれからの人生に悩む 若者へのエールって感じです。 題名が強烈なので 内容もエキセントリックなのかと 読んでみたら、 至極まっとうなことが書いてありました。 自伝的な話や家族、子育ての話や、 人生訓的なことが書いてあります。 野坂昭如とのケンカの事情なんかも書い..

続きを読む

ウィリアム・メレル・ヴォーリズの『吾家の設計』『吾家の設備』を読んだんだ【読書】

2017/09/30 19:47
死ぬまでに、一度は建てたいマイホーム。 広大な土地に、ポツンといかした洋館を建てて でっかい犬でも飼って暮らすんだという 夢を見て こういう家がいいなとか、 こういう間取りがいいなとか 家の写真を見たり 間取り図を見たりすることもありますね。 まあ、生きてるうちにかないそうもないけども。 新築妄想もいいけど、 中古物件を買って住みながらリフォームするとかいうのも いいなとか夢想しますね。 でも実際..

続きを読む

『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 日本カルト映画全集1』を読んだんだ【読書】

2017/09/17 19:35
石井輝男監督の映画 「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」が 国内DVD発売になるようっすね。 今までは海外でしかリリースされてなかった。 それが今になってなぜか国内リリース。 13回忌追悼企画ってことらしい。 その映画のムック本がこれです。 まあ、内容は薄いですね。 というのも、 監督の石井輝男、脚本の掛札昌裕のインタビューは、 5ページずつぐらいしかない。 あとは映画のシナリオと 原作の「パノラマ島..

続きを読む

『アメリカ海軍SEALのサバイバル・マニュアル: 極限を生き抜く精鋭たちが学んでいること/クリント・エマーソン』を読んだ【読書】

2017/08/30 19:31
おもしろい。 マジ本のようでもあり、ネタ本のようでもある。 役に立ちそうでもあり、 どこで使うんだこれみたいな 役には立たなそうでもありで、 そのバランスがいいですね。 下手なイラスト付きで、 短くサバイバルテクニックを 紹介していく構成も 読みやすくてよかった。 著者は元SEAL隊員ということで、 紹介されているテクニックは、 シークレット・エージェントが、 現地に潜入するときのテクニック..

続きを読む

『少年の名はジルベール/竹宮恵子』を読んだんだ【読書】

2017/08/21 20:18
竹宮恵子の自伝ですかね。 漫画家としてのデビューから、 どうしても描きたかった作品「風と木の詩」連載に至るまで。 1970年代の若い時代の話を読むことができます。 少女マンガに革命を起こすと 若い仲間たちと熱く語り合った大泉サロン時代のことも 書かれています。 萩尾望都と一緒に住んで切磋琢磨した時代があった。 少年漫画でいうトキワ荘みたいなのが 少女漫画家でもあったんすね。 竹宮恵子のマンガを知らなくても ..

続きを読む

"本" というタグが登録された記事をすべて見る