『戦国野郎』を見た【映画】

戦国野郎 [ 岡本喜八 ] 岡本喜八監督のモノクロ時代劇。 どうもなあ。 おもしろそうと最初は思ったし、 シーンごとは楽しいんすよ。 加山雄三、中谷一郎、佐藤充の3人のトリオ芸が最高。

続きを読む

『大誘拐 RAINBOW KIDS』を見た【映画】岡本喜八監督、3人の青年が富豪の老婆を誘拐する犯罪コメディ

「大誘拐 RAINBOW KIDS」 これはおもしろかった。 日本で犯罪ものを描くなら、 こういうやり方があるという一つの完成形か。 シリアスにクライム・サスペンスをやると なんか違うなあってなっちゃうんだよなあ邦画って。 こういうコメディっていうか、 人情喜劇的な雰囲気で犯罪映画をやるのが 邦画では合っているような気がした。 テンポもいい。 風間トオルら三人衆の普通の若者っぷりもいい。 風間トオルっていい役者だなって思ったもんなあ。 なんかいいんすよ。 雰囲気というかなんというか。 普通っぽさというかなんというか。 山林王のおばあちゃんを誘拐して身代金を とろうと計画した3人の若者の話なんすけど、 悪いやつが出てこない。 まあ、誘拐するのは悪いことなんすけど、 誘拐のしょっぱなから、 イニシアティブはおばあちゃんのほうにあるわけ。 地元では知らぬものがいないほどの 大金持ちの名家の頭首。 生きてきた年季も度胸も何もかもが 誘拐犯3人衆よりはるかに格上なのです。 誘拐された人質のはずのおばあちゃんが 誘拐犯のリーダーみたいになって それに従う風間トオルたち。 この事件を追う刑事は緒形拳です。 おばあちゃんに多大な恩をうけているので はりきって捜査して、 けっこうな切れ者なので着々と犯人に迫るのだが お…

続きを読む

『大菩薩峠』を見た【映画】岡本喜八監督、仲代達矢・三船敏郎・加山雄三共演による中里介山の傑作時代小説の映画化作

「大菩薩峠」 仲代達矢のフヒヒヒ、フヒッみたいな目つきがよかったね。 大菩薩峠ってけっこう何回も映画化されてるみたいで、 確か市川雷蔵主演でも映画になってたなあ。 前に市川雷蔵版を見ていたので なんとなく話の筋は覚えてて 今回の仲代達矢版は そういやこういう展開だったなと 思い出しながら観ました。 まあ、なんといっても仲代達矢の演技ですね。 顔、視線、表情の演技がよかった。 人斬りの役なんすけど、 人を殺したあと、 家で酒を飲みながら、 ぼんやりとどこ見てるのかわからない感じで 佇んでいるときの目がすごい。 なんていうか、人を斬ったときの感触を 思い出してその快感にひたって悦に入ってるみたいな 危ない目つきしてるんすよ。 こいつ相当やばいなみたいな。 仲代達矢演じる主人公はけっこうな悪人なんすよ。 剣の強さのみに生きる男。 それ以外はどうでもよい男。 だから、普通の世間のしがらみの中で生きてる人からみれば 非道に思えることも平気でやるわけ。 ひどいことするけど、 まあ、そういう生き方もあるのかなあと 共感する面もある主人公ですね。 でも、爺さんを辻斬するのはひどかったけど。 そういう男が自分よりも確実に強い男に 出会ったときに迷いが生じる。 三船敏郎です。 道場の師範代をやってる三船敏郎は鬼のように強…

続きを読む

草刈正雄の『沖田総司』を観た【映画】

「沖田総司」 アヴァーーーアーーー! 草刈正雄演じるイケメン沖田総司の雄叫びで 始まり、雄叫びで終わる沖田総司映画。 いやー、イケメンっすねえ。 昔のハンサムはほんとにハンサムっていうかね。 役作りなのか普通にそうなのか、 めちゃくちゃ痩せてるし。 モデルやってたからなんすかねえ。 痩せっぽちで少年のように無邪気に笑う草刈正雄は、 まさに沖田総司なのであった。 沖田総司って新選組ものやるときは、 美青年っていう設定がおきまりですけど、 沖田総司は別にハンサムだったという 話は残ってないらしいじゃないすか。 むしろヒラメ顔だったとかで。 やっぱ夭折した謎の剣士というところに、 作家や映画製作者が創作をふくらませる余地が多分にあったから、 病弱で色男で剣の天才というキャラクターに なっていったんすかねえ。 新撰組はよくわからんので、 この映画を見ても何をしているのかいまいちわからんのですけど、

続きを読む

もっと見る