『御用牙』を見たんだ【映画】

勝新太郎が型破りな同心を演じてる時代劇で 原作が小池一夫の漫画。 反権力の一匹狼的なダークヒーローというやつかな。 なんだろな、これは。 エロ時代劇というジャンルなんすかねえ。

続きを読む

『いのちぼうにふろう』を見た【映画】

いのち・ぼうにふろう [ 仲代達矢 ] これが新劇スタイルっていうやつか……。 とにかく冗長。 とにかく役者の演技が長い。 目をくわっと見開いて、 曲者ですよって感じの演技をする役者たち。

続きを読む

『鬼の棲む館』を見た【映画】

鬼の棲む館 [DVD] なんだろ、 芥川龍之介の短編小説みたいな映画だった。 南北朝時代の話で数人の男女が織りなす人間ドラマ。 なんか芥川龍之介の小説によくある雰囲気だなあと。 でも原作は芥川龍之介じゃなくて、 谷崎潤一郎の「無明と愛染」らしいっすね。

続きを読む

『二人の武蔵』を見た【映画】長谷川一夫、勝新太郎、市川雷蔵出演の時代劇、宮本武蔵は2人いたという五味康祐の小説が原作

「二人の武蔵」 武蔵は二人いた! その手があったか。 宮本武蔵って本当にいた人だったっけ、 いなかった人だったっけか? まあ、どっちにしろ、 武蔵という名の剣豪が 同時期に同地域にいたら こうなったみたいな、 すれ違い、勘違いのおもしろさ。 なるほど、こういう手があったか。 映画の作りはかなり古いです。 昔の時代劇。 殺陣も演舞的なやつなんですよ。 後のリアル志向の泥臭い殺陣になる前の スターがかっこ良く舞う感じの殺陣なので じっくりみると ちょっとつらいところがありますね。 迫力がないので。 キャストは、 長谷川一夫、勝新太郎、市川雷蔵とスターが勢揃い。 長谷川一夫と市川雷蔵が武蔵で 勝新が佐々木小次郎です。 市川雷蔵の眉毛が変なんすけど、 あれはなんなんだろか。 コントのメイクみたいな眉毛なのです。 まあ、長谷川一夫も勝新も すごい厚化粧で厚塗りですけども この時代の時代劇のメイクはこういうもんなんだろね。 あとは中村玉緒とかも出演してました。 若いときの中村玉緒は 可愛い子ちゃんですね。 話はけっこうおもしろそうになりそうに 始まったのだが それほどおもしろくならなかったみたいな。

続きを読む

もっと見る