『新座頭市物語 笠間の血祭り』を見たんだ【映画】

2017/07/24 21:00
勝新太郎の座頭市シリーズ第25作目かあ。 25作ってすごいっすね。 今作は市が 生まれ故郷の村に帰っての話です。 帰ったら 自分を育ててくれたおばさんは死んでて、 市のことを覚えているのは 十朱幸代と志村喬ぐらい。 おばさんの母乳に思いをはせながら あばら家で想い出にふける座頭市。 しんみりするなあ。 十朱幸代もおばさんの母乳で育ったんすよ。 それで市はお願いする。 触らせてくださいと、 ..

続きを読む

『藪の中の黒猫』を見たんだ【映画】

2017/04/10 08:08
お母さーん。 おっかあでもなく母上でもなくお母さん。 平安時代を舞台にした妖怪化け猫ものの体裁で 母と子、夫と妻の愛情、 戦乱の世のむなしさを描く。 モノクロが美しいですね。 平安時代には白黒映像が良く似合う。 というのは、平安ぐらいだと まだ夜は真っ暗で闇の世界が幅を利かせてるじゃないすか。 その闇の中に物の怪や怪異が潜んでいても おかしくない。 そういうムードが平安にはあるから モノクロで表現..

続きを読む

『東京湾炎上』を見たんだ【映画】

2017/01/07 08:10
東京湾炎上 [ 丹波哲郎 ] テロ映画。 これはなかなか新鮮でしたね。 ばんばん人が死んでいく。 え?この人も死んじゃうのかっていうのが あるのでなかなか緊張感があります。 原油を満載したタンカーが テロリストにシージャックされる話です。 東京湾でタンカーを爆発させるというテロリストの 要求は石油備蓄基地の爆破。 なんだかよくわからないテロリストたちだが アフリカの人たちらしいです。 グローバル世..

続きを読む

『いのちぼうにふろう』を見た【映画】

2016/11/04 08:15
いのち・ぼうにふろう [ 仲代達矢 ] これが新劇スタイルっていうやつか……。 とにかく冗長。 とにかく役者の演技が長い。 目をくわっと見開いて、 曲者ですよって感じの演技をする役者たち。 心情を吐露する演技の見せ場が長々とある。 これは役者の演技を見る映画ですね。 映画というより舞台に近い。 ストーリー展開にまったくテンポが感じられないし、 どうして命がけの行動にでるのか、 いまいちピンとこないしで ..

続きを読む

『鬼の棲む館』を見た【映画】

2016/08/25 07:22
鬼の棲む館 [DVD] なんだろ、 芥川龍之介の短編小説みたいな映画だった。 南北朝時代の話で数人の男女が織りなす人間ドラマ。 なんか芥川龍之介の小説によくある雰囲気だなあと。 でも原作は芥川龍之介じゃなくて、 谷崎潤一郎の「無明と愛染」らしいっすね。 谷崎もこういうの書いてたんだあ。 なんだろなあ。 男の愚かさ、女の恐ろしさみたいなのを感じた。 男の弱さというか、単純さというかね。 女の体に狂って..

続きを読む

『十階のモスキート』を見たぜ【映画】

2016/07/17 08:15
NIKKATSU COLLECTION 十階のモスキート [DVD] 世界三大銀行強盗映画。 マイケル・マンの「ヒート」、 松田優作の「野獣死すべし」、 そして、内田裕也の「十階のモスキート」。 いやー、おもしろい。 内田裕也のマッドポリスメン。 内田裕也版の「フォーリング・ダウン」ともいえる。 交番勤務のお巡りさんを主役に ここまで狂った雰囲気をかもしだせるとは。 内田裕也はルールを守るまじめなお巡りさ..

続きを読む

"佐藤慶" というタグが登録された記事をすべて見る