『沖縄やくざ戦争』を見たんだ【映画】

沖縄やくざ戦争 [ 松方弘樹 ] 千葉真一の一人コマンドー感が半端ない。 戦争やろうじゃねえか、 せんそぉー、だーいすきぃとのたまう千葉真一。 飲み屋でカラオケをやめさせて 三線ミュージックにあわせて カンフーの演武をする千葉真一。

続きを読む

『人生劇場』を見た【映画】尾崎士郎の小説を深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫の3監督が映像化

「人生劇場」 大河ドラマ。 監督が3人もいるんだぜ。 深作欣二・佐藤純彌・中島貞夫。 どういうことで監督3人になったんすかねえ。 なんか昔の侠客とかバンカラとかの話みたいっすね。 地方の落ちぶれた商人かなんかの息子が 東京に出てきて大学で学生運動したり 作家になったりと激動の人生を生きていくのを 女をからめて描くみたいな。 あとは松方弘樹演じるやくざ者の人生の話。 こっちも女がらみ。 だから特に結論はありません。 この先も、彼らの人生は続くのであった、 完、ってな終わり方です。 好き合ったのに別れてしまった男と女。 そういう話なので 当然濡れ場が満載で 女優が脱ぎまくってます。 普通にヌードになってますけども、 今、こういうのってあんまりないっすよねえ。 マイナー系の映画で脱いでるとか、 アート系で脱いでるとかはありますけども 大衆ドラマど真ん中みたいなメジャー系作品で 女優が何人もっていうのはないなあ。 松坂慶子、中井貴恵、森下愛子らのヌードが見れます。 みんな若いので綺麗な体してますよ。 森下愛子と永島敏行は「サード」を思い出したなあ。 そういやこの二人は「十八歳、海へ」でもラブシーンやってたなあ。 永島敏行は松坂慶子を抱いてからの森下愛子です。 中井貴恵の相手は松方弘樹からの風間杜夫。 嫌いになって別…

続きを読む

『序の舞』を観た【映画】宮尾登美子原作、中島貞夫監督、名取裕子主演で描く日本画家の一生

「序の舞」 これはなかなかおもしろかった。 日本画家の上村松園をモデルにした宮尾登美子の小説の映画化作品。 主人公を名取裕子が演じているんすけど、 艶っぽいっすねえ~。 20代なんすかねえ。 肌がパーンッってかんじで張ってる。 絵の才能があり、その才能が故に男を渡り歩くことになる 女性の役がぴったりっすねえ。 いやー、エロかったなあ。 乳首が黒ずんでて、乳房がパンパンに張ってるのを 母親に見咎められて、 あんた男はんおるやろと突っ込まれるシーンは エロおもしろくて名シーンすぎたなあ。 色々と他にもエロおもしろいところがあります。 佐藤慶が絵の師匠なんすけど、 名取裕子はやられちゃうわけ。 そのやり方が今でもよくあるやり方でなんか笑っちゃった。 佐藤慶は名のある画家なんすよ。 弟子もいっぱいいるし、業界での地位もある。 絵もうまいと。 1日じゅう絵を描き続ける行みたいなのをやるわけ。 それの補助を名取裕子にやらせるわけ。 間近で次々と素晴らしい絵を描き上げていく姿を見せつけるわけです。 名取裕子は絵に関して大真面目なので、 もうね、先生の腕に感動しちゃって、興奮状態なんすよ。

続きを読む

もっと見る