『二ツ星の料理人』を見たんだ【映画】

2017/04/12 08:11
人たらし最強。 人たらし術をもってる人は何してもOK。 そういうことっすねえ。 みんな主人公のことが好きなんすよ。 主人公は元アル中薬中の料理人。 昔、パリでやらかして逃亡。 ヤク断ち酒断ち女断ちしてミュシュランの三星をとるぞと 再起をかけて舞い戻ってくる。 パリじゃなくてなぜかロンドンです。 七人の侍よろしく腕の立つ料理人をスカウトして集めていく。 ミシュランの格付けで星3つを目指して レストランをオ..

続きを読む

『パルプ・フィクション』を見た【映画】クエンティン・タランティーノ監督、カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作

2014/03/12 07:00
「パルプ・フィクション」 意外とおもしろくなかったなあ。 昔、見た時はもうちょっとおもしろいと思ったはずなのだけど。 クエンティン・タランティーノ監督作品は レザボア・ドッグスとパルプ・フィクションぐらいが おもしろさのピークで 最近のとかはそこからはだいぶ落ちるなあとか なんとなく思ってたんすけど、 パルプ・フィクションを見なおしてみたら そんなこともなかったっすね。 今も昔もたいしておもしろさは変わってな..

続きを読む

そのとき少女はどちらを選択したのか『ダイアナの選択』を観ました【映画】

2012/05/07 06:41
「ダイアナの選択」 そのとき彼女はどちらを選択したか。 後ろめたい選択をした主人公が、 そのトラウマを抱えて苦しんで、 どこかで救いを見出すみたいな、 立ち直り系ヒューマンドラマっぽい雰囲気なんすけど、 中盤から後半、 走馬灯系のスリラーサスペンスに着地する。 なかなかおもしろかったです。 主人公の若いときをエヴァン・レイチェル・ウッドを 大人になった主人公をユマ・サーマンが演じているのだが、 二人..

続きを読む

プロデューサーズ【映画】

2011/03/24 08:29
「プロデューサーズ」 古い。 昔の映画みたいな画面作りにゆっくりとした進行。 大本は68年の映画「プロデューサーズ」らしいので、 そりゃ古いのも無理はないね。 ミュージカルコメディ。 うーむ。 軽い感じで最後まで見れたけど、 ちょっと刺激が足りなかったかなあ。 斜陽の舞台プロデューサーが、 わざと舞台をコケさせて、制作費をネコババして儲ける計画を思いつく。 最低の脚本、最低の演出..

続きを読む

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

2011/02/16 06:25
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」 神話の世界からこんにちは。 ギリシア神話の神々の息子の話。 冒険アドベンチャー映画っすね。 RPG的で楽しめたんだけど、 中身はぺらぺらもいいとこだなあ、これは。 あっちいってこっち行って課題をクリアで、 最後はうまくいくってかんじでよかったんだけど、 ちょっとどうにかもうちょっとならないもんかなというところが多いっすね。 訓練場みたいなとこ、 ..

続きを読む

キル・ビル Vol.2

2007/09/29 23:00
キル・ビル Vol.2 これは間延びしてますね。 もともと1本だったのを、無理やりVol.1とVol.2の前後編にわけたのがまるわかりというかね。 キル・ビル Vol.1の気分の悪くなる殺人遊戯の連続とは、かなり違う雰囲気になってます。 ちょっと毛色の変わった西部劇ってな趣向。 まあ、これは狙ってこういうダルっぽい雰囲気にしてるというよりも、 引き伸ばして、間延びしたのを誤魔化すために、 苦し紛れにやってるってかんじが..

続きを読む

"ユマ・サーマン" というタグが登録された記事をすべて見る