『ランナウェイ/逃亡者』を見た【映画】ロバート・レッドフォード監督・主演、社会派サスペンスドラマ

「ランナウェイ/逃亡者」 サスペンス・アクションではないです。 あらすじだけ読むと 逃げる追うの逃亡者ものっぽいんすけど、 サスペンスもアクションもメインではない。 いや、逃亡はするんですよ。 FBIも追いかけるんですよ。 でも、そのスリルとかハラハラをうまくは描けてない。 何十年も昔にやりのこしたことにけりをつける話で、 これはサスペンスやアクションの要素はなしで ヒューマンミステリードラマ風にやるのが ぴったりなんじゃないかと思ったなあ。 ロバート・レッドフォードの監督作はこういうの多いっすね。 一見、渋いとかいぶし銀とか言われそうな感じで いい感じふうに思えるんだけど、 出来がよくないだけなんじゃないかみたいな。 サスペンスアクションの要素はいらなかったなあ。 FBIは間抜けという描かれ方してるし、 三流新聞記者はなぜか簡単に事件の真相を知るし、 こんなんだったらFBIも記者もいらないよ。 間抜けFBIと得意技はググることの凄腕三流記者が 出てくることで話が安っぽくなっちゃってるから。 そんなことよりも、 何十年も逃げ続けるかつての過激派たちが 長い逃亡生活のなかでどう変わったのか 変わらなかったのかという部分に焦点をあわせた 人間ドラマを見せて欲しかったなあ。 ロバート・レッドフォードが何を考えてるのか、 どう変わっ…

続きを読む

もっと見る