『コンテイジョン』を観ました【映画】

「コンテイジョン」 致死性ウィルスがどんなふうに感染拡大していくのか、 その過程でどんなことが起きうるのかを シミュレーションしていく映画。 発生から何日目でこうなって こういう対応がされて、 こういうデマも飛び交って、 科学者はこういう動きして っていうシミュレーションを見せていく。 ドラマは起きている。 ドラマちっくな出来事はいろいろ起きてるんだけど、 あくまでも主眼は、ウイルスが蔓延すると どういうことが起きるのかという部分にあるので、 ドラマティックストーリー風には描いてない。 かなり抑えてますね、感動方面を。 ウィルス拡大のスピードの怖さはすごいあったなあ。 人間は一日のうちに顔に何千回も触れる、 その手でいろんなとこを触ってる。 触ったものを媒介に次々感染していく。 あんなもんふせぎようがないもんなあ。 あとワクチンの開発に関係して裏で動くビッグマネーとかね。 デマで儲けるやつがいたりとか、 ちょっとした略奪暴動が各地で起こったりとかね。 ああいう大災害やなんやらがおきると どさくさに紛れて儲ける奴らがいるんすよねえ。 ショック・ドクトリンっていうやつですか。 そういうところも描いてくれるとおもしろさが増したかも。 まあ、なんにせよ、人はまったく誰とも接触しないで 生活はできないもんなんすねえ。

続きを読む

もっと見る