『ジュラシック・ワールド』を見た【映画】

ジュラシック・ワールド3D/2Dブルーレイ&DVDセット+特典DVDディスク(4枚組)【Blu-ray】 [ クリス・プラット ] 子供って恐竜が大好きっすよねえ。 確かに自分も幼少時は恐竜が大好きで、 恐竜図鑑とか見て、 トリケラトプスの絵を描いたりしてたもんなあ。 でも、大人になったら、 恐竜って怖いっすよね。 あんなでかいのが歩きまわってるのを 想像しただけでブルっちゃう。 絶対食われそうだし。 恐竜の動物園があったとしたら 行ってみたいけども、 ちょっと怖いかもなあ。 確か1作目のジュラシックパークは見たような。 あと2と3はどうだったかなあ。 見てないかもしれないけども、 続き物といえども特に過去作を見ておく必要はないタイプですね。 迫り来る恐竜の怖さを楽しむアクション映画なので。 まあ、1作目の小道具や、あの人が出てくるので 知ってるとあああの人出てきた~って 最後で盛り上がれるかもしれない。

続きを読む

『戦火の馬』を観た【映画】

「戦火の馬」 戦火というだけに戦場や兵士がいっぱい出てくるんすけど、 その描写がソフト描写に感じたかな。 戦争の残酷さというのは描かれているけど、 その描き方はソフトで、うわ、きついなこれはという 映像のハードさはなかったのが残念。 原作が児童文学らしいので、 ファミリー向けのレーティングにするために 映像は柔らかめにしてあるのかも。 スティーブン・スピルバーグ監督だけに映像はいい。 普通にいいんすよねえ。 スピルバーグというのは映像の魔術師だと思うのだけど、 すごいのが、すごい映像を すごいと思わせずに普通に見せることができるのがすごい。 観客が自然に受け入れてしまう映像っていうかね。 カメラを人間の目線で動かせる才能の持ち主じゃないかと思うんすけど。 いやー、普通にいい映像だから上映時間は長めだけど、 まあ、見れたなあ。 でも、物語はあんまりだったような。 1頭の馬が戦乱の時代に 様々な所有者のとこを転々として生き延びるっていう話。 まあ、それでいろんな人間模様を見せるっていうかんじ。 いい話っぽいんすけど、あんまりぐっとこなかったというのは、 映像がソフトタッチだというのも関係してるかもなあ。 戦場の描写もエグさがそれほどないので、

続きを読む

もっと見る