『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」/渡邉格』を読みました【読書】

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 [ 渡邉格 ] 田舎暮らしの本かと思って手に取ったんすけど、 なんか変わった感じの本でしたねえ。 著者の自伝というか、 思ってる事というか、 田舎でパン屋をやってる著者の 思ってることノートみたいな感じでした。 マルクスとか資本主義経済とかを けっこうなページでとりあげてるので スローライフなパン屋本と思って 読むと違和感を感じるかも。 腐らないお金が発明されて すべてがお金基準で成り立つようになった。 生命に直結する食べ物すらも 資本家が儲けることから逆算して 作られるようになってる。 そこに疑問をもって どうにかそこから外に出られないのかというのを パン屋で実践してるっていう感じですかねえ。 ものづくり、商いという行為が 本来どういうものであったのかを 思い出させてくれる内容かな。

続きを読む

もっと見る

もっと見る