『すべてはその朝始まった』を観ました【映画】クライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン、ヴァンサン・カッセル共…

「すべてはその朝始まった」 あー、そういうことかあと。 後半の展開が残念だったなあ。 まあ、サスペンス・スリラーなら そういう展開になるんだろうけどね。 これはヒューマン・ドラマだと思って見てたからなあ。 娘は病気で金がいる。 娘の世話で精一杯で自分も妻も 人生を楽しむどころではない。 そこに現れた美人。 ちょっと浮気して くさくさする気持ちを慰めようかと思ったら いい感じにベッドイン中のホテルの部屋に強盗出現で 自分は気絶させられ、彼女はレイプされてしまう。 警察に届けようとするが、 彼女はダメだと拒否する。 そんなこんなしてるうちに レイプ犯が金を強請りにやってくる。 浮気しようとしてたところを襲われたなんて 妻や娘にどう説明すればいいのかわからい男。 警察にも頼れない。 どうなるどうなると。 クライヴ・オーウェンが追い込まれて、 彼の家族がどうなるのか、 家族とどう折り合いをつけるのか つけれないのか。 そういう後ろめたさと正直さの葛藤のドラマが 後半あるんだろうなと期待していたのだが、 後半に待っていた展開は サスペンス・スリラー系の展開でした。 うーむ。 心理ドラマに徹してくれたほうが もっと息が詰まるサスペンスになったんじゃないか。 アクションがあるから それがガス抜きになっち…

続きを読む

あらゆる手段を駆使して99%の貧乏人を支配する1%の超富豪たち……『キャピタリズム~マネーは踊る』を観た【映画】

「キャピタリズム マネーは踊る」 けっこう長いけど面白く見れましたなあ。 マイケル・ムーアは見せ方がうまいんすかねえ。 今回は資本主義。 サブプライム・ショックをからめて、 ウォール街の強欲を紹介。 ルールを作ってるやつらが、 自分らのいいようにルールを改変して、 やりたい放題やってるぜ、 そして食い物にされるのは貧乏人だぜっていうね。 まあ、いつものやつなんですけどね。 でもあれ、引いたなあ。 会社が従業員に生命保険かけてんの。 ええ?みたいな。 特殊な職業で特殊な技能の持ち主とかじゃなくて、 銀行とかウォルマートとか普通の企業の とくに特殊でない社員にすごい高い生命保険をかけてんの。 社員が死んだら会社にすごい利益になる。 引いたなあ。 日本の企業もそうなんすかね。 1%の人間が、富の99%を独占する世界。 アメリカンドリームなんてなかったんや! あなたももしかして大金持ちになれるかもしれませんよと 表で甘い顔でほほえみつつ、 裏では、お前らは俺たち貴族の養分なんだよ、 一生、搾取される運命なのさって悪い顔で笑ってるというね。 まあねえ。 大企業の幹部や官僚だとかは、

続きを読む

もっと見る