『さらば愛しき大地』を見たんだ【映画】

2016/12/30 08:07
さらば愛しき大地 [ 根津甚八 ] いやー、根津甚八がはつらつと暴発してますね。 躍動する根津甚八。 映画としては、 開発が進む中の 郊外の変化みたいなのを 描いているやつですかね。 雰囲気は「遠雷」とかを思い起こさせる。 遠雷は変化していく郊外で いろいろありながらも ちゃんとやっていくみたいな感じだったように 思うんすけど、 こっちの「さらば愛しき大地」は、 変化に飲まれて自分を見失うみ..

続きを読む

『心』を見たんだ【映画】

2016/12/11 08:19
心 [ 松橋登 ] なかなかおもしろかったです。 夏目漱石の「こころ」をATGで映画化したもの。 原作は中学生ぐらいのときに 読んでなんかおもしろい小説だなあって 思ったのを覚えてます。 なんかミステリー小説っぽくて 先が気になって夢中で読んだ気がします。 友を裏切った罪の意識の物語というよりは 過去に何があってあの人はこうなったのかという 謎に迫っていく形式が 夢中で読ませたんだなあ。 また青空..

続きを読む

『流れる』を見た【映画】

2016/09/26 07:21
流れる 【東宝DVDシネマファンクラブ】 流れない。 話がなんか停滞してるっていうか、 澱んでるっていうかねえ。 底のほうでヘドロが沈殿してるみたいな スカッとしない話でした。 だめになっていってるお茶屋さんが舞台。 芸者をお座敷に派遣する仕事です。 借金だらけだし、 ろくな芸者いないし、 姉さんの娘は芸者やって跡を継ぐ気はないしで この先どんづまりで この稼業をたたむしかないかなあみたいな状態。..

続きを読む

『めし』を見ました【映画】

2016/09/10 07:13
めし [DVD] わたしって毎日旦那のめし作って 洗濯して掃除しての繰り返し。 これじゃあ、飯炊きおばさんじゃないの。 私の幸せってこれなの?みたいな話。 夫婦仲は倦怠期。 夫は妻の顔も見ずにめしと 茶碗を手だけだして受け取ろうとする。 会話もまばらで上の空。 夫は大阪でしがないサラリーマン。 家は小さな長屋。 一緒になったときは、 二人でいるだけであんなに幸福だったのに 生活に追われて数年..

続きを読む

『鬼の棲む館』を見た【映画】

2016/08/25 07:22
鬼の棲む館 [DVD] なんだろ、 芥川龍之介の短編小説みたいな映画だった。 南北朝時代の話で数人の男女が織りなす人間ドラマ。 なんか芥川龍之介の小説によくある雰囲気だなあと。 でも原作は芥川龍之介じゃなくて、 谷崎潤一郎の「無明と愛染」らしいっすね。 谷崎もこういうの書いてたんだあ。 なんだろなあ。 男の愚かさ、女の恐ろしさみたいなのを感じた。 男の弱さというか、単純さというかね。 女の体に狂って..

続きを読む

『放浪記』を見たんだ【映画】

2016/08/24 06:24
放浪記 【東宝DVDシネマファンクラブ】 高峰秀子のぼやき漫談。 いやー、高峰秀子の顔演技っていうんすか。 表情演技がおもしろい。 若いときのなんだろ、 ひねくれたというかすねたような すまし顔なんか絶品ですよ。 私なんてどうせどうせ顔っていうかね。 どうせどうにもなんないんだからと 白け顔してる高峰秀子の顔がおもしろくて 見れちゃうなあ。 書くことに目覚めて、 しょうもない男に惚れて ..

続きを読む

"ドラマ" というタグが登録された記事をすべて見る