『ズートピア』を見たんだ【アニメ映画】

ズートピア MovieNEX [ ジニファー・グッドウィン ] 何か腑に落ちないというか、 何か違和感を感じるというか、 なんか見終わってむずむずするアニメだったっすね。 面白かったんすけどねえ。 なんだろなあ、この納得いかない感じ。

続きを読む

『インサイド・ヘッド』を観た【映画】

インサイド・ヘッド MovieNEX 【Blu-ray】 [ エイミー・ポーラー ] 喜びと悲しみはいつも隣り合わせ。 そういうドラマ。 なんかありがちというか、 このパターンあるなみたいなどっかで見たことあるような 話を3つぐらいくっつけて 一つの話にしたような感じなんすけど、 うまくまとまってたなあと。 人間の頭の中にいる小さい人間たち。 人間というかなんというか、 それぞれ感情を司ってて、 喜びと悲しみと怒りと恐れとあとなんだっけ、ムカムカだっけ。 むかむかっていうのがよくわからんのだが、 まあ、それぞれの感情が 人間を動かしてるみたいな設定。 喜びがレバーを握ってるときは 人間は喜びで微笑み、 怒りがレバーを握れば怒ってるみたいな。 なんかどっかで見たようなというか、 脳みその中を擬人化する、 感情を擬人化するということが お話ではよくあることなので新鮮味はまったくない。 あとよくあるというとイマジナリーフレンドの話。 子供の頃に作り出す空想のお友達。 それが出てくる。 またいい感じの話なんすよ。

続きを読む

『トゥモローランド』を見た【映画】ウォルト・ディズニーが遺した未来のビジョンをブラッド・バード監督、ジョージ・クル…

「トゥモローランド」 久しぶりに訳の分からない豪速球を見たなって感じかな。 やりたいことはわかるんだけど、 それで描けているのかなっていうね。 未来は人が作るもので、 暗い未来を思い描けば暗い未来になるし、 明るい未来を思い描けば 希望の未来になるんだよ~っていうことなんだろうけど、 それをどういう物語で見せてくれるのか、 どのようにという部分がずっぽり抜け落ちてる。 派手なアクションとCGの刺激たっぷりの映像の連続で 済ませて、お話がない。 主人公の科学オタクの女の子がいるんだけど、 中盤から最後にかけては、 キャーッ!とかヒョエーッ!とか驚くためだけにいる モブキャラみたいな扱いになってて なんだこりゃって笑っちゃった。 メインはジョージ・クルーニーと橋本環奈タイプのロボット少女の お涙頂戴ストーリーなのです。 そのお涙頂戴も雑なやつなんです。 この二人がいろいろあって 仲違いみたいになっちゃったけども、 やっぱりそれ以上の何かがあったから 最後は二人の連携プレーで未来に希望がもたらされて 感動だぜみたいな感じなのだが、 具体的に二人のすれ違いや和解を物語としては描いてません。 いきなりクライマックスというか、 派手なところだけ描いてて そこに至るまでの時間をまったく描いてない。

続きを読む

『マレフィセント』を見た【映画】アンジェリーナ・ジョリー主演、「眠れる森の美女」の邪悪な妖精マレフィセントを主人公…

「マレフィセント」 お伽話や神話や伝説ってこういう感じだよなあ、どれも。 お話の展開が腑に落ちないというか、 なんでこうなるのかみたいな疑問を持ってしまう展開というか、 話がぜんぜん連続してるように思えない。 あれがこうだから、 のちのちこういう結果を生んだという関連性が 強くあるからドラマを感じるんだけど、 その関連性が薄いというか 詳しくは描かれないので なんでそうなるんだろうなという 疑問のほうが勝ってしまう。 出世に目が眩んだ男が なぜそうなってしまったのかとか、 そんなクソ男をなぜ好きになったのかとか、 そのへんのことは詳しく描かれない。 初恋だから、初キスの相手だからみたいな。 そういうことだからそうなのだみたいな感じです。 男に裏切られた腹いせに赤ん坊に呪いを掛けたけど、 赤ん坊の成長を見守っていくうちに 情が湧いてきて 呪いを解こうと頑張るっていうのも まあ、子供がかわいいからっていうことなんだろけど、 それじゃあドラマを感じない。 もともとがマレフィセントが悪人じゃないから、 呪いは一時の怒りでの行動で 時間が経つと怒りが治まってきたっていうだけのような。 それってドラマを感じない。 もともと悪いやつじゃないので 子供がかわいいかわいいってなっても そこにドラマが全然ない。 一回、極悪…

続きを読む

『ベイマックス』を見た【映画】アメコミ「BIG HERO 6」をディズニーがCGアニメ化したヒーローアクション

「ベイマックス」 これはおもしろかった。 ベイマックスはいいキャラしてますねえ。 邦題は「ベイマックス」だけど、 原題は「BIG HERO 6」っていう題名で なんかヒーローもののアメコミらしいっすね。 なんか感動もののヒューマン・ドラマなのかと 思って見始めたのだが かなりゴレンジャー的な話で 最後は完全にヒーロー戦隊ものの感じになってて 見終わって原題見たら ビッグヒーロー6っていうことで ああ、もともとヒーローアメコミなんだと。 ベイマックスはチームの中の一人にすぎないのだが まあ、かなりキャラ立ちしてるので ほとんど主役みたいに感じただけだったか。 チームの一人というか主人公の子供が操作するロボット。 兄貴が人の痛みを取り除く介護医療ロボットとして 開発していたのを主人公が改造して 戦えるロボットにする。 このへんは日本の鉄人28号とかアトムとかプラレス3四郎とかの オマージュなんすかねえ。 ベイマックスの動きの面白さ、 舞台となる都市の風景の面白さ、 それでもうけっこう満足しちゃったなあ。 街の風景はけっこうおもしろいっすね。 サンフランシスコと東京をミックスした架空の都市らしいんすけど、 ほとんど日本っすね。 坂がすごいいっぱいあるところが サンフランシスコっぽいけど、 町の看板とか家の中の電化製品の…

続きを読む

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を見た【映画】ルッソ兄弟監督、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨ…

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」 アクションがすごい。 そこがいいとこっすねえ。 キャプテン・アメリカって超人は超人なんだろうけど、 運動神経が異常に良いただの人間だろ? でもすごいんだぜ。 飛行機からパラシュートなしで海面に降下したりするんだぜ。 高いところに登ったり 飛び降りたり、 ビルの内部をハルクみたいに 全てをなぎ倒しながら走ったりと なかなかの暴れっぷりで楽しかったです。 背中に羽が生えて空を飛べる飛行システムを背負った相棒と一緒に 盾持ってるだけのキャプテンが空中戦するとか すごすぎたなあ。 あの盾は万能アイテムっすね。 高いところから飛び降りても 盾をクッションにしたら大丈夫とか。 あれ、どうなってんだろ。 盾って投げていろんなところにぶつかって 戻ってきたりするじゃないすか。 衝撃を吸収する素材だったら跳ね返らないと思うんすけど、 そんなことないんすかねえ。 謎の円盤だなあ。 まあ、そんなツッコミは野暮天ってことですねえ。 アクションはすごいおもしろいんすけど、 話は細かいことはやっぱりマンガなんすよ。 大筋はいいんすよ。 組織の内部に悪が巣食っていたというのは おもしろい話ですね。 誰を信用していいのか、孤立無援で主人公が奮闘する。 これはサスペンスで緊張感もあるしで …

続きを読む

もっと見る