『ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~』を観た【映画】ロマノフ王朝の秘宝イースターエッグ奪取計画、モーガン・フリーマ…

「ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~」 だますつもりがだまされて系のサスペンス。 ロマノフ家の秘宝のエッグがターゲットなだけあって ロシアンテイストがいっぱいでした。 クラブのシーンで聞いたことあるような曲が 流れるなあと思ったらタトゥーだった。 Mステドタキャンでお馴染みのお騒がせガールズデュオ「t.A.T.u」 確かロシアの人だったっすねえ。 懐かしいなあ、ほんと。 最近、再結成したとかニュースで見かけたような。 まあ、監督はミミ・レダーで ディープインパクトとかの監督なので アクションとか映像はそれなりにおもしろく出来てます。 オープニングの地下鉄での捕物なんか スピード感もあるしなかなか謎めいてるスタートで良いのです。 なのだが、どうも盛り上がらない。 ワイルド油ぎとぎと系男のアントニオ・バンデラスが ロシア女といいことしてくっついたり離れたりの時間が結構長い。 モーガン・フリーマンはいつもの落ち着いた感じで 淡々とロマノフエッグを盗む段取りを進める。 iPhoneが大活躍です。 地図を表示することや、赤外線を表示することや 隠しカメラの映像を受信することなど ほとんどアイフォンで済ませることができる。 ITの発達で大掛かりな泥棒も軽装でできるようになったね。 まあ、そんで金庫破りはマンガ的なぬるさでうまくいって、 実は騙してま…

続きを読む

もっと見る