『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観ました【映画】桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFア…

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 いやー、これはおもしろかった。 あのパワードスーツの ガシンッガシンッガシンッっていう感じがよかった。 トム・クルーズの最近の映画ってけっこういいね。 SFとかアクションでも なんか肉体を駆使して動いてる感じがして 全部CGのものよりは汗と血が通ってるように見える。 やっぱそのへんは意識して映画作りしてるんだろね。 CGは当然使うとして、 CGでなんでもできるからこそ、 実際に体を動かして見せる部分が際立つというか、 実体感っていうかねえ。 実際の爆発や炎、筋肉を感じるアクション。 CGに慣れてる目には そっちのほうが迫力あるように感じるのかもなあ。 話はシンプルに同じ日を繰り返すループする系のSFです。 異星人との最終戦争中で トム・クルーズは広報官かなんかやってたのに 最前線に送り込まれることになって そこで倒した敵の返り血を浴びて死んだら 出撃前に戻っている。 また出撃して死んだら 出撃前にと同じ日を繰り返す。 まあ、それで過去に同じ体験をしたエミリー・ブラントとともに このループを終わらせるには 敵の大ボスを倒してこの戦争を終わらせるしかないということで あらゆるルートを試していく。 テレビゲームのロールプレイングゲームを映画にしたみたいな感じっすかねえ。 これがおもしろい…

続きを読む

ボーン・アルティメイタム

「ボーン・アルティメイタム」 ジェイソン・ボーンシリーズ完結。 完結と見せかけて4作目があるらしいけど。 まあ、アクション満載の男くさい映画っすねえ。 一応、ヒロインというか女性キャラクタもでてくるんだけど、 色気もなにもあったもんじゃないというね。 これなら出てこなくてもいいんじゃないかみたいな、 地味すぎるボーンガール。 見た目も存在意味も地味なジュリア・スタイルズ。 前の作品に出ていたフランカ・ポテンテもお色気系じゃないけど、 それなりに重要な立ち位置のキャラだったわけで。 なんで殺しちゃったのかなあ。 最終章で死ぬという展開でもよかったような。 ま、とにかくアクションアクションの連続です。 連続というかアクションしかありません。

続きを読む

ジャンパー

ジャンパー おもしろいなあ。 おもしろいけどもうちょっとディテイルに凝ってほしかった。 太古の昔からジャンパーの抹殺を行ってきた謎の組織“パラディン”。 パラディンから逃げるだけでなく反撃に転じたジャンパー。 パラディンVSジャンパーの大戦争みたいな構図に話が広がっていくのかと期待してみてたんすけど、 はなしが広がらないんだよなあ。 どこまでいっても頭の悪いアメリカンティーンエイジャーの学園ドラマ風。 そこどまり。 ヘイデン・クリステンセン演じる主人公男子がバカすぎる。 見たことある場所ならどこへでも瞬間移動できるジャンプ能力に目覚めて、 自在にあやつれるというのに、やることは銀行の金庫から金をちょろまかす、 スフィンクスの頭の上で午後のティータイム、 イギリスのパブで女をナンパ、 あとサーフィンしたりとか、くだらなさ過ぎる能力の使い道に、 あきれるというかなんというか。 透明人間になって転寝してる女の乳を揉んだり、 隣家のいい女に夜這いをかけたりする映画もあったが、 スーパーパワーをゲットしておいて、やりたいことは結局それかよみたいな馬鹿馬鹿しさ。 まあ、高校生という設定だし、 ぼくは若かったという言い訳もしてるし、 まあ、脳みそが精子でできているクソガキが思いつくのはこの程度のことだってことなんだろね。 大人だったらもっと悪いことするだろうなあ…

続きを読む

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス これは恥ずかぴいな。 カップルでいちゃいちゃしてる映画って、アイタタタだよ。 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、 この映画の共演で仲良くなって結婚したんだっけか。 映画の前から付き合ってたんだっけか。 まあ、どっちでも可ですけど、 これはこっ恥ずかしい映画だなあ。 完全なギャグ映画。 対立する組織に所属する殺し屋構成員が、 お互いの素性を知らないまま結婚したって言う話。 お互いの正体を知ってから、殺し合いが始まり、 組織から狙われていることがわかって、 やっぱり愛してるから殺せない。 一緒に戦って、最後まで一緒だぞと愛を確かめ合った二人であったという話。 職業が殺し屋なので、 殺しの場面はふんだんに登場するし、 ドンパチも派手にやるけど、全部ギャグトーン。 シリアストーンじゃないので、何人死のうが残酷な印象はない。 これはギャグ映画っすね。 倦怠期を迎えた夫婦が一悶着合って、 前よりも愛が深まったという話を、職業殺し屋という設定でやったコメディラブドラマ。 夫婦喧嘩を派手にイメージ化するための殺し屋という設定だから、 本格アクションは期待できない。 アクションシーンはいっぱいあるけどアクション映画ではない。 倦怠期を乗り越えて第二の絶頂期を迎える夫婦の話。 こんな楽しいアホ映画つくった監督は誰やと…

続きを読む

ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー 地味目なスパイアクションだな。 定番な展開で意外性は特になし。 カーアクションとか良い感じだから普通に楽しめるよ。 螺旋階段のシーンは、そんなんせんでもええでしょって感じだけど嫌いではないし、 アパートでの接近戦や別荘でのスナイパーとの攻防などアクションは、 地味ながら本物ぽさを狙っていてとても楽しめるものだね。 記憶がない俺はだれ?って思っている主人公が わずかな手がかりを追って徐々に真相が明らかになるという展開だが、 主人公が大金を投下されて作られた殺人マシーンだと、 早い段階で分かってしまうのは、どうかと思う。 アクション映画におけるヒロインの存在意味は主人公とラブシーンを演じることなんだが、 この映画にはヒロインはいらんかったね。 マット・デイモンだけで完璧なんだもの。 ちゃらけてないホンモノっぽさを狙うのなら、 いっそのこと女子なしのむさくるしい映画にしちゃったほうがよかった。 まあ、フランカ・ポテンテはお色気全開女優じゃないから、 骨太な雰囲気作りに貢献してるっちゃしてるよ。 こういうスパイ映画なかなかおもしろいよね。 マット、ちょっとジミーっぽいよね。

続きを読む

もっと見る