『ワイルド・スピード SKY MISSION』を見た【映画】ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー主演のカーアクシ…

ワイルド・スピード SKY MISSIONブルーレイ+DVDセット【Blu-ray】 [ ヴィン・ディーゼル ] アクションはすごいのだが……。 ストーリーがあるようなないような。 なぜそうなって、なぜ頑張ってるのかが よくわからないので アクションもただすごいアクションで うまいことできてるなあという感想にとどまる。 ジェイソン・ステイサムが兄弟の復讐のために ヴィン・ディーゼルらの命を狙うっていうのはわかるのだが、 ハッカーとか神の目とか、 そういうのが出てきて ポール・ウォーカーたちがハッカー救出の任務をやる 流れとかがいまいちよくわからない。 すごいハッキングシステムをそのハッカーがもってるから それでジェイソン・ステイサムの居場所を 調べて対決するってことなのだが 自然なような不自然なような展開でいまいちなんだよなあ。 まあ、ジェイソン・ステイサムが神出鬼没で どこからともなく現れて 銃をぶっ放しまくって またどこかへ去っていくので ヴィン・ディーゼルたちは攻められっぱなしで 反撃できないからハッカーが必要ってことなんだろなあ。 まあ、アクションはすごいです。 車は空を飛べないといいつつ、飛んでます。

続きを読む

『アナベル 死霊館の人形』を観た【映画】ジェームズ・ワン監督の「死霊館」からスピンオフしたオカルトホラー

「アナベル 死霊館の人形」 怖い。 人形の顔が。 それとあんな人形を妻にプレゼントする夫が怖いし、 プレゼントされて喜ぶ嫁も怖い。 あの人形は気味が悪い顔してるし かなり不気味なんだけど、 ああいうのが良いのだろうか。 なんか妻は人形集めが趣味らしくて ありがとう~、これ欲しかったんだ~みたいに レアアイテムゲットで喜んでたけど どういう感覚なのかわかりません。 アンティークの価値ある人形なんすかねえ。 そんな不気味な人形に カルト教団の狂信者の女の霊が乗り移って 奥さんに襲いかかってくる前半。 後半は、神父様とか出てきて 悪魔が魂を奪おうと人形を手先にしてるとかなんとかな エクソシスト的な展開の後半。 前半はけっこうおもしろかったです。 チャッキー的な不気味さがあったから。 人形は動いてないんだけど、 じっとしてる映像だけでも なんか動いてるように見えてくる怖さがあった。 後半がだめだったなあ。 前半はなかなかです。 出産を控えた妻に変な人形をプレゼント。 そこにカルト教団の狂信者になってた隣家の娘が 闖入してきて 殺されそうになるっていう事件が起こる。 このへんまでかなあ。

続きを読む

『狼の死刑宣告』を見た【映画】ケヴィン・ベーコン主演、ジェームズ・ワン監督のリベンジアクション

「狼の死刑宣告」 いやー、映像がかっこいい。 アクションシーンの工夫をこらした カメラワークが見事ですねえ。 奇をてらうためのカメラワークの奇抜さではなくて アクションのスピード感、躍動感を 増すためのあのカメラワークってことで おもしろかったです。 自走式の立体駐車場のシーンは見応えありますねえ。 カメラが上に下に縦横無尽に動きまくる。 あれは人力でカメラをリレーしてるのかなあ。 立体駐車場の入り組んだ通路を うまく利用したチェイスアクションでおもしろかったです。 しかし、主人公が強すぎるね。 ケヴィン・ベーコンがうまくやりすぎ。 まあ、復讐のエネルギーがなせるわざと 納得してもいいけども、 いやー、強すぎる。 あの男って投資銀行の重役かなんかで ただの金持ちのホワイトカラーのおっさんなのに 格闘もいける、銃撃もいけるで 街のゴロツキグループのやつらなんか 目じゃない強さなんすよ。 元グリンベレーか?みたいな。 いやー、大学とかで運動してたんだろうけどね。 銃の説明書を熟読して 弾倉交換の練習とか入念にやってましたけども、 銃の撃ち方扱い方が 完全にプロだもんなあ。 そんな短期間の付け焼き刃の練習で あれだけやれるのかと。 まあ、そういう疑問はわきますけども、 映像がとにかく躍動感、臨場感あるので …

続きを読む

『死霊館』を見た【映画】「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー

「死霊館」 うーん。 これはいまいちかなあ。 昔からこういう形式の映画ってありますね。 悪霊がとりついて、悪霊ハンターが悪霊退治に来て、 悪霊と対決して、 最後は家族って最高やん?という感じで終わるやつ。 大昔に「ポルターガイスト」とかありましたね。 あれ結構ブームになってなかったすかねえ。 悪魔憑きなら「エクソシスト」とかもあったなあ。 その系譜の映画で、特に何か斬新なものがあるとか、 新機軸があるとかというわけではなくて、 オーソドックスに昔ながらのどまんなかを 今の映像技術でお安く仕上げてみましたって感じっすかねえ。 全然お金かかってなさそうです。 でも大ヒットしたらしいっすね。 やっぱホラー映画って安く作って 大きく儲けられるジャンルなんすねえ。 それだけ人は恐怖や神秘に引きつけられるってことかあ。 まあ、しかし大家族で楽しい田舎暮らしをしようと ちょっとボロいが一軒家を買って引っ越してきたら、 そのお家には不法占拠してるやっかいな人がいましたみたいな話ですよ。 大昔の恨みとか魔女とか そんなもん勘弁してほしいっすね。 あの家族は娘が何人もいて父ちゃんはトラックドライバーで 裕福じゃなくて生活大変なのに、 大昔の魔女が恨んで嫌がらせしてくるとか最悪ですよ。 しらねえよって感じですよ。 疲れて家に帰ったら、 変な…

続きを読む

もっと見る