『キャプテン・フィリップス』を見た【映画】トム・ハンクス主演、海賊による貨物船人質事件を元にした実話サスペンス

「キャプテン・フィリップス」 海賊報道がけっこう頻繁にあって え?現代に海賊ってどういうことだと 具体的なイメージがわかなかったんすけど、 この映画を見ると、そういうことかと納得です。 これは実録犯罪ものですね、ジャンルは。 かなりリアルに感じた。 海賊が貨物船を襲う一部始終を体験できる。 トム・ハンクス演じる貨物船の船長が主人公なんすけど、 海賊側もけっこう細かく描かれてて 襲われる側、襲う側の事情っていうかね、 攻防戦が丁寧に描かれてて、実際、 海賊に襲われるってこういうことなんだあと 興味深く見れたですね。 でっかい貨物船をどうやって襲うのか、 全然イメージがなかったんすけど、 普通に小さいボートで近づいてはしご掛けて乗船するんすね。 民間の船だから貨物船は武装とかしてないんすね。 まあ、いろいろと小細工するわけ。 無線ですぐ近くに軍の飛行機がいるように装ったり、 スピードを上げて振り切ろうとしたり 放水して乗船を阻もうとしてみたり 知恵をしぼってできることはやる。 それでも諦めない海賊。 海賊も必死ですからね。 もともと漁師なんすよ、彼らは。 外国の船が海で魚をごっそり獲っていくので漁ができなくなって 船を襲って積み荷を奪ったり 身代金をとったりするようになったという背景がある。 村の中での襲撃メンバー選びも過…

続きを読む

もっと見る