『47RONIN』を観た【映画】キアヌ・リーヴス、真田広之ら豪華キャストが集結!忠臣蔵をモチーフにしたアクションフ…

「47RONIN」 いや~、悪くはないんすけどねえ。 ファンタジーとして見ればそこそこ見れるんすけどねえ。 でもどうしても、 これって忠臣蔵である必要まったくないな っていう思いが見ててずっと頭に浮かぶんだよなあ。 忠臣蔵でなくてもいいっていうのは、 忠臣蔵のおもしろいポイント、 ドラマになるポイントをはずして作られてるからなんすよ。 雰囲気として武士や侍の忠義心とかを使ってる。 ファッションとしての和風なんすよ。 だから、わざわざ忠臣蔵を使う必要があるのかなと。 どういうことなのかわからないんすけど、 監督が日本好きとかなんすかねえ。 原案忠臣蔵じゃなくてがっつり忠臣蔵なので よっぽどこの話で作りたかったと思うんすけど でも、全然わかってないんだよなあ。 忠臣蔵でそこを外したらまったく意味ないだろっていうね。 わかってねえなあって感じなんすよ。 そんなに好きならなんでここはずすのかっていうね。 なんか腑に落ちない。 衣装や舞台がまったく日本風じゃないじゃないかとかは どうでもいいんすよ。 ドラマとしてここが忠臣蔵だろっていう ポイントが外れてることが問題なのです。 だから、これはインスパイア忠臣蔵ってことで 登場人物の名前とかは大石とか吉良じゃなくて 洋風の名前にして、 架空のファンタジーの国での話にして 役者も日本…

続きを読む

もっと見る