『誰よりも狙われた男』を見た【映画】

誰よりも狙われた男(字幕版) 誰よりも狙わられたってそういう意味だったのか……って 最後に思った映画。 寂しい~。 終わり方がめちゃくちゃさびしい。 おまけに主演のフィリップ・シーモア・ホフマンの最後の作品が これだと思うとさらに寂しさが増します。 とぼとぼ歩いて行くフィリップ・シーモア・ホフマンの背中が 哀愁漂いすぎですね。 誰よりも狙わられた男っていうから そういう大物スパイとか大物犯罪者みたいなのがいて それをどうこうするっていう話なのかと思ったんすけど、 そんな派手さは一切ありません、この映画。 地味な諜報活動の記録っていう佇まいです。 テロリストに資金提供しているやつが誰なのか、 そのカネの流れはどうなっているのかというのを 知りたい各国のスパイたちが目をつけたのが フィリップ・シーモア・ホフマン率いるドイツのスパイが監視している青年。 その青年を泳がせて ついにテロリストに手を貸している人物も特定できて これから芋づる式にやるかというところで 別の国のスパイ機関に手がかりをまるごとぶん取られる。

続きを読む

もっと見る