2010年12月31日

ソラニン

ソラニン スタンダード・エディション [DVD] / 宮崎あおい, 高良健吾, 桐谷健太, 近藤洋一(サンボマスター), 伊藤歩 (出演); 三木孝浩 (監督)





ソラニン




怖い話やで。

音楽やっても成功できないし、

何にもならないことは、わかっているのだけど、

だからといって、

何もない平凡で退屈な人生を過ごすことを認めるのは

なんだか怖い、

だからといって、

全力で音楽やってどうにもならない現実を見せ付けられても、

なんだか怖い。

進んでも進まなくても時間はすぎて、

確実に終わっていく自分を感じてしまう。

怖い。

これは怖い話だなあ。

感動恋愛ストーリーみたいなかんじかとおもったけど、

これは怖い話だなと。

続きを読む
posted by ビショップ at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月30日

アウトレイジ

アウトレイジ [DVD] / ビートたけし, 三浦友和, 椎名桔平, 加瀬 亮 (出演); 北野 武 (監督)





アウトレイジ




ヤクザ映画ではない。

ヤクザのドンパチとかアクションとかの話ではなくて、

出世争いとか、権力闘争の話を

ヤクザという設定で見せる映画なんすね。

ヤクザじゃなくてもいいんだよなあ、この話。

むしろ、やくざじゃないほうが面白くなりそうなのにな。

まあ、やくざにしたほうがバイオレンスを盛り込みやすいから、

ヤクザ設定なんだろうけど。

中小企業を舞台に

頑固オヤジ社長とパートやアルバイトが入り乱れての

生き残り戦争とかにしたほうがおもしろいんじゃないのか。

もうヤクザ映画とか、違うと思うんだけど。

なんかものすごく古臭い。

また、音楽がなんだかなあと。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月29日

少女〜an adolescent

少女 [DVD] / 奥田瑛二, 小沢まゆ, 小路晃, 夏木マリ, 室田日出男 (出演); 連城三紀彦 (原著); 成島出 (脚本); 奥田瑛二 (監督)




少女 〜an adolescent




奥田瑛二初監督作品らしい。

初監督らしく蒼いっすね。

フランスの青春映画みたいなシーンもありで、

主演の女の子の青臭い演技ありで、

なんか若いなあってかんじがしましたね。

熱いというか、映画が好きなかんじはすごくするんだけど、

あまりうまくはないという。

奥田瑛二のこだわりっていうのが、

どこにあるのか。

うーむ、エロシーンがけっこうあるけど、

あんまりエロくない。

小沢まゆの体がそれほどエロくないからなのか、

奥田瑛二のテクがそれほどではないからなのか。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月28日

Disney’s クリスマス・キャロル

Disney's クリスマス・キャロル ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] / ジム・キャリー, ゲイリー・オールドマン, コリン・ファース, ボブ・ホスキンス, ロビン・ライト・ペン (出演); ロバート・ゼメキス (監督)





Disney’s クリスマス・キャロル




アニメ映画。

きれいな映像ですなあ。

リアルさもあって、

デフォルメされた漫画なキャラクターだけど、

なんか生々しさも中途半端にあるもんだから、

ちょっと怖いかんじの絵柄に見えたなあ。

まあ、映像はきれいで動きもなめらかなので、

けっこう楽しめましたね。

いまさらクリスマス・キャロルもどうかなあって思ったけど。

強欲じいさんが、クリスマスに精霊に幻影を3つ見せられる。

いかに自分が強欲でひどい人間か、

最後はさびしく悲惨に死んでいくかを

見せ付けられて、

目覚めたじいさんは、改心して類まれなる善人に生まれ変わるっていう、

クリスマスの奇跡的なお話。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月25日

サブウェイ123 激突

サブウェイ123 激突 コレクターズエディション [DVD] / ルイス・ガスマン, ジョン・トラボルタ, デンゼル・ワシントン, ジョン・タトゥーロ (出演); トニー・スコット (監督)





サブウェイ123 激突




トニー・スコットは中二病。

困ったもんすね。

小刻みにズームアップさせたり、ぶれぶれにぶれさせたり、

映像効果使いまくりで見づらいのなんのって、

もうかなりのおじいちゃんだと思うのだが、

本人はこんな映像でちゃんと見えてんのかね?

なんか音楽もださいし。

トニー・スコットは、いつからかおかしくなってきたなあ。

ドミノ」あたりから過剰な映像装飾に凝り出したような。

まあ、とにかく見難いのであんまり好きではない映像でした。

サブウェイ・パニック」のリメイク。

激突っていうぐらいなので、

犯人のジョン・トラボルタと、管制室のデンゼル・ワシントンの対決映画っすね。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月24日

去年マリエンバートで

去年マリエンバートで  HDニューマスター版 [DVD] / デルフィーヌ・セイリグ, ジョルジョ・アルベルタッツィ, サシャ・ピトエフ, フランソワーズ・ベルタン (出演); アラン・レネ (監督)




去年マリエンバートで




わからない。

難解すぎだなあ。

雰囲気はけっこう好きなんすけどね。

オルガンの不吉な旋律。

浮遊しているかのように邸内を移動するカメラ。

死人のようにまるで生気のない登場人物たち。

夢のような幻影のような雰囲気で、

出口のない迷宮に迷い込んだような感覚になる。

それはすばらしいんだけど、

話がまったくわからない。

いったいなんの話なのかが最後らへんにぼんやりとわかるだけで、

しょぱなから後半まで、さっぱり意味がわからない。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月23日

ソルト

ソルト ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray] / フィリップ・ノイス (監督)





ソルト



無理がある。

女版ジェイソン・ボーンシリーズみたいなスパイアクションなんすけど、

アンジェリーナ・ジョリーが細すぎ。

体の線が細すぎる。

がりがりのもやし体形のアンジェリーナ・ジョリーが、

車の天井から他の車の天井に跳んだり跳ねたり、

巨漢と真正面からやりあって格闘でなぎ倒したり、

なんかそれはないなっていうのが多すぎた。

いや、別にいいんだけど、

彼女は遺伝子的にも優れていて、

子供の頃から訓練されたエリートスパイなので、

続きを読む
posted by ビショップ at 06:50 | Comment(2) | TrackBack(3) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月22日

パーフェクト・ゲッタウェイ

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD] / ミラ・ジョヴォヴィッチ, ティモシー・オリファント, キエレ・サンチェス, スティーヴ・ザーン, マーリー・シェルトン (出演); デヴィッド・トゥーヒー (監督)




パーフェクト・ゲッタウェイ



残り30分の急展開にあなたは驚愕する…。

そのとおりなんすけど、

前半の1時間が長い長い。

長い割りに登場人物が少ないので、

これって、もしかしてこういうことかなあと、

ぼんやりと話の真相に気がついてしまう。

あまりにも、あからさまな気のそらし方というかね。

登場人物が少ないから、

こいつらはいかにもだし、

なんかこっちも違うようなかんじだし、

だったら、残るはこいつらだな、

こいつらが実は…っていう線が濃厚っぽいとか、

見てて考え込める空白がかなり多いんすよ。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月21日

ボーダー

ボーダー [DVD] / ロバート・デ・ニーロ, アル・パチーノ, カーティス・ジャクソン, カーラ・グギーノ, ジョン・レグイザモ (出演); ジョン・アヴネット (監督)




ボーダー



定年してる歳じゃないかあ〜。

二人ともかなり歳だから、違和感あるんだよなあ。

現役で現場をうろうろしてる刑事の役なんすけど、

高齢化社会の波がここまで来てるのか!ってかんじです。

アル・パチーノなんかいまにも寝そうな目つきだしなあ。

おじいちゃんだぜ二人とも。

二人の上司もおじいちゃん。

同僚は若いんだけど。

ロバート・デ・ニーロは、女鑑識とがんがんファックしたり、

ソフトボールして三塁打を放ったり、

まだまだ若いぜ〜みたいなシーンがあって、

若さをアピールしてたけど。

まあ、60歳を超えてるわりには二人ともかなり若いことは

若いのだけども。

もうちょっと二人が油が乗ってる時に共演して欲しかったっすね。

続きを読む
posted by ビショップ at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月20日

弓 [DVD] / チョン・ソンファン, ハン・ヨルム, ソ・ジソク (出演); キム・ギドク (脚本); キム・ギドク (監督)









これは……。

幻想的なファンタジーとしてとらえようと思っても、

設定がちょっと無理なかんじなんすよねえ。

誘拐犯のじじいと誘拐された少女のいびつなドラマってかんじに

どうしても見えてしまう。

設定として、

少女が天涯孤独の身で親も兄弟もいない孤児とかなら、

まだファンタジーとして見れそうだけど、

なんか10年間親が行方不明の少女を捜してるらしいんすよ。

おいおいと。

ただの誘拐監禁事件じゃないかと。

風呂でじじいのいやらしい手が少女を撫で回す。

なんだこりゃみたいな。

続きを読む
posted by ビショップ at 07:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする