『シチズン アテッサ ATD53-2903』の革バンドをステンレス無垢バンドに交換してみた【腕時計】

シチズン アテッサ ATD53-2903にステンレス無垢バンドを装着した

「シチズン アテッサ ATD53-2903」の革バンドを

ステンレスバンドに替えてみた。

革バンドってやっぱり好みじゃないんすよねえ。

腕にぴったり巻き付けないと

すわりが悪いし、

続きを読む

シチズンアテッサ『ATD53-2903』の革ベルトを交換した【腕時計】

シチズンATD53-2903革ベルト

シチズンアテッサATD53-2903の革ベルトを交換しました。

いやー、さすがに劣化がすごかった。

時計を買ってから

一度も交換せずに使い続けてきたので

すごいことになってましたなあ。

ひび割れて、破れてきてるし、

なんかカビみたいなのが生えてるし、

夏場はなんか異臭がするしで

さすがに革ベルトの寿命なんかとっくにつきてて

交換しないとまずいだろっていうね。

新品のベルトと比べると

色がぜんぜん違うもんなあ。

新しいベルトに交換して気持よくなって

時計も新品になったようにウキウキ気分ですよ。

このGMTアテッサとはけっこう長い付き合いです。

もう4年か5年ぐらいになりますかねえ。

今でもちゃんと動いて時を刻んでおります。

電波受信もちゃんとできてるようで

時間は正確。

正確な時刻が必要なときはやっぱこれって感じで使ってます。

一時期あまり使わずに机の中に放り込んでおいて、

3ヶ月後ぐらいに取り出してみたら、

時間はめちゃくちゃで、

二秒運針になってたけどまだ動いてた。

充電が切れかけると2秒運針になるようです。

そっから充電されて通常運針に戻るのに

2日ぐらいかかりましたかねえ。

エコドライブは蓋して暗いところに置かないほうがいいかな。

充電切れから通常運転にもどるまでけっこう時間がかかるので、

すぐ使いたいときに困るんすよねえ。

続きを読む

腕時計の革ベルトをNATOストラップに交換しました

MARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンド
MARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンド
MARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンド
MARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンドMARATAC MIL-NATOバンド


腕時計の革バンドをNATOバンドに交換

革が腐る季節がやってきました。

真夏のようなご陽気に、汗がとめどなく流れ落ちる毎日。

腕時計の革ベルトが傷む傷む。

汗もそうですが日差しの強さもハンパじゃない。

紫外線で革ベルトは日に日にボロボロです。

これではいかんと、ナイロンベルトに交換しようと思い立ちました。

シチズンGMT ATD53-2903のパンチがほどこされた革ベルトも嫌いじゃないけど、

傷みが目立つようになってきたからなあ。

ナイロンベルトでいろいろ探してみると、

NATOタイプのベルトがポピュラーということでNATOタイプを探す。

英国MOD(MINISTRY OF DEFENCE 防衛省)っていう

本物というか、軍に納入しているという正規のNATOストラップはさすがにお値段が高いので、

タイプ品を購入することに。

高いといってもナイロンストラップなのでしれてるのですけど、

タイプ品なら価格は半分だし、本物にこだわる必要もないような気がしたもので。

そこでヒットしたのが

NATOタイプ ナイロン ストラップ

MARATAC社のベルトは品質も悪くはないようなかんじなので試しに買ってみた。

バンド幅は20mmで色はブラック。

カナダからということでちゃんと届くのか少し不安でしたけど、

すぐ届きました。

送料無料キャンペーンはうれしいね。

まず時計から革ベルトを外してバネ棒を装着した状態にすると。

ベルトを外すのに特別な工具はいりませんでした。

細いマイナスドライバーがあれば簡単に外せた。

そしてNATOベルトを装着。

NATOストラップ(バンド・ベルト)の装着方法を見ながら装着。

うーむ、簡単だ。

続きを読む