クラークスの『デザートエアリアル』は軽量EVAソールのデザートブーツだね【靴】

クラークスの「デザートエアリアル」

クラークスのデザートエアリアル。

デザートブーツのソールを変更したものですね。

デザートブーツはクレープソール。

デザートエアリアルは軽量EVAソールです。

ソールの厚みはあるけど

続きを読む

クラークスの『ワラビーブーツ タン インタレスト レザー ホーウィンレザー』を買って履くんだ【靴】

クラークスのワラビーブーツ タン インタレスト レザー




クラークスのワラビーとデザートブーツは定番シューズですね。

サイズをいろいろと試してみて

小さめや大きめを実際にはいてみて

これぐらいがちょうどいいというサイズも

わかってきたので、

ワラビーブーツとデザートブーツはソールがだめになったら

また買い換えるというふうに履いていくと思います。

服飾品のサイズ選びってほんと難しい。

試着だけでは全然わからないもんですね。

実際に生活のなかで歩いてみて

しっくりくるかどうかがわかるので

こればっかりは一発でズバリなサイズ選びができないので

実際に買って身につけて自分でデータをとるしかない。

最近、自分のぴったりサイズの服探しが難しいと感じるのです。

肩幅であわせると身幅がぶかぶかで不格好。

かといって身幅がちょうどいいと

肩と腕が窮屈すぎる。

肩幅であわせるしかないけども、他の服屋で探すしかないのか

面倒だからもういいかと買わずに済ませたりする。

よくオシャレ人間が、おしゃれな人はサイズ感が抜群で

体にぴったりのサイズの服を着てるよ!っていうけども

続きを読む

クラークスの『デザートブーツ ブラックレザー』を履いてどっかに出かけよう【靴】

クラークス「デザートブーツ」ブラックレザー


[クラークス] Clarks Mens デザートブーツ Desert Boot

お気に入りの靴を履いてどっか行こうよね。

新しい靴を履いて

出かけるときの楽しい気分はいつも格別だ。

お気に入りといえばクラークス。

クラークスのデザートブーツはなんだかんだありながら

定番になってきている、自分のなかで。

円高時代は並行輸入品が1万円以下で買えたけども

円安にふれてからは1万円こえちゃってますけども、

定価が2万円ぐらいなので

まだ並行輸入品のほうが安く買える。

今度の新調したデザブ―はブラックレザー。

表革がスムースレザーになってるタイプです。

黒い靴って人気ないね。

いやー、黒い靴は定番でどんな服にでも合わせられるので

いいですよ的な話をファッションマニアの人が言うのだが

あんまり黒い靴を履いている人を見かけない。

黒い靴ってビジネスやフォーマルな雰囲気がしてしまうので

カジュアルな普段着ではこうっていう気分にならないのかもなあ。

仕事で黒い靴を履いているから

休日ぐらいは黒い靴から離れたい。

だから黒い靴は人気がない。

そんなことを思ったりしたけども、

黒い靴はやっぱりいいですね。

足元がしまる。

気分も引き締まる。

これはいいかもしれないね。

今回、サイズを考えてみて

少し大きめにしてみたのだが、

それで今のところ正解のようです。

革靴はキツメを履いて伸ばせみたいなことを言うけども、

そんなに靴は伸びません。

履いただけできつく感じるサイズはやっぱりだめだ。

続きを読む

クラークスの『デザートトルーパー』ブラックスエードは雨靴だ【靴】

クラークスの「デザートトルーパー」

クラークスのデザートトゥルーパーは雨靴だ。

色はブラック。

アッパーはスエードのUK規格品。

アッパーがスムースレザーのタイプは

US規格だったかな。

雨の日はデザートブーツは危険なのです。

クレープソールがツールツル。

あれは乾いた路面ではグリップするけども、

雨に濡れた地面では

グリップしないんだよなあ。

なので雨の日の雨靴としての

デザートトルーパーです。

コマンドソールのグリップ力は安心です。

雨の日専用靴として購入したのだが

まだ防水スプレーをしてないので

雨の日に履いてないのだ。

いや、ちょっと小降りぐらいのときに履いたかな。

そしたら雨粒がちょこっとかかったところが

シミみたいになったので

さっさと防水スプレーを買わないとなあと

思い続けて早数ヶ月。

防水スプレーどれがいいかなあと。

アマゾンで一番安いやつを買ってみようかと思ってます。

スエード専用防水スプレーとかあるけども、

専用と汎用って何が違うんでしょか。

スエードはブラッシングすればいいだけなので

メンテナンスが楽で好きなんだよねえ。

実は雨にも強いらしいじゃないすか、スエードって。

だからスエードタイプのデザートトルーパーは

雨靴としていいのではないかと。

色は黒で雨靴ぽく。

ソールはすべらない。

アッパーの革はめちゃくちゃ薄い。

なので履き心地は柔らかいです。

紐は丸紐に交換しました。

デフォルトの平紐よりも

丸紐がクラークスには似合うような気がする。

続きを読む

クラークス『デザートブーツ ブラウンヴィンテージレザー』は革がソフトでナイスだね【革靴】

クラークスのデザートブーツ ブラウンヴィンテージレザー


Clarks Desert Boot Brown Vintage Leather

クラークスのデザートブーツは革が柔らかくて最高さ!

デザブーのブラウンヴィンテージレザーです。

これは茶色い。

愛称は“赤土”です。

チョコレートムースというか赤土というか、

とにかく茶色でブラウンな色味。

アッパーの革はやわやわです。

クレープソールは冬場はカチカチです。

革が柔らかいので履き心地は良いのですが、

購入したものがちょっと癖のあるものだったようで

右足のベロがなんかおかしいのです。

なんかベロが長いというか歪んでいるというか、

明らかに左足と違うのです。

右足のベロが長いというか

縫い付けの角度が微妙におかしいのか

なんなのかわかんないんすけど

とにかくおかしかった。

新品のときから、右足のベロが寝てしまう状態だった。

履いて靴紐を結んでみると

右足のベロが斜めになってしまうのです。

まあ、履けないことはないし、

履き心地に大きな問題があるわけじゃないので

そのまま履き続けてますけども、

なんだかなあみたいな。

よく見たらヒモを通す穴の位置がおかしいじゃないか。

鳩目が平行になってなくてずれてる。

靴紐を通す穴の位置がおかしいので歪んでしまうのだった。

海外のメーカーの革靴って

品質にばらつきがけっこうあるんすね。

なんかブーツとかでも聞きますね。

左右で大きさが微妙に違ったとか、

革の質感がおかしかったとか、

個体差がけっこう大きいって。

クラークスもそういう個体差ってあるんすかねえ。

正規の代理店で扱ってる商品は

検品とかもしっかりやってそうなので

個体差も少なそうだけど

並行輸入品とかは大雑把なチェックしかしてなさそうなので

ちょっと許容しづらいレベルのものでも

販売されてそうですね。

海外の基準ってかなり緩い印象がある。

甘いっていうか、

日本が神経質すぎるという面もあると思うけど、

感覚の違いってけっこう大きいかもね。

まあ、でも価格がかなり並行輸入品のほうがお安いので

クラークスは正規で買ったことないっすね。

また来年も円安が進んだら高くなっちゃうんだろうなあ。

消費税も上がるし。

今ある靴を大事に履いていこう。

といっても手入れはブラシでブラッシングするだけなのですけども。

クリームとかオイルって何をどのくらい使ったらいいのか

いまいちよくわからない。

革の質によってあれがあうあれがあわないとかあるんだろうけど。

続きを読む

クラークスの『ワラビーブーツ(ビーズワックス)』はスリッパみたいなブーツだね【靴】

クラークスのワラビーブーツ(ビーズワックス)


「クラークスのワラビーブーツはスリッパみたいなブーツだね」

クラークスといえばデザートブーツなのですが

ワラビーもあるよということでクラークスのワラビーブーツです。

これは初めて見たとき全然ピンとこなかったなあ。

なんだこれは革のズタ袋じゃないかと

ちょっと笑ったもんなあ。

なんか革の袋を地面に置いて

それを履いて紐を結んでいっちょあがりみたいな

デザインに見えたのです。

だからあんまりいいと思わなかったんすけど、

年のせいなのかなんなのか

趣味が変わってきたのか

この袋な雰囲気が良く見えてきたんすよ。

このワラビーのビーズワックスは革の色や質感からして

革の袋っぽさが強い。

愛称は“ズタ袋”。

これがなんか履き心地は意外といいんすよ。

持ってみたらけっこう重いと感じる靴なのだが、

履いてみたら重さは微塵も感じない。

軽やかに歩ける。

革の袋に見える見た目どおり

履き心地は柔らか。

まったく圧迫感はなし。

これは楽ちんだと。

スニーカー感覚で履ける革靴といいますか、

サンダル感覚で引っ掛ける革靴といいますか、

その楽さは、

とにかく楽でついついこの靴ばかり履いてしまうほどです。

革は柔らかいです。

気をつけたいのがサイズっすねえ。

デザイン的にめちゃくちゃゆったりしてるし、

革も柔らかいので

足をホールドする力がまるでないのです。

オーバーサイズを履くと踵がすっぽんすっぽん

抜けてまともに歩けないことになる。

続きを読む

クラークス『デザートトルーパー』ブラウンレザーは乾燥肌【靴】

クラークス・デザートトルーパー・ブラウンレザー

「クラークスデザートトルーパー

クラークスといえばデザートブーツなわけですが、

デザートトルーパーというやつもあるわけで。

ソールがクレープソールじゃなくて、

でこぼこコマンドソール仕様です。

これは見た目がミリタリー系でかっこいいと思って飛びついたなあ。

アッパーはスエードのものもあるけど

これはブラウンのスムースレザーです。

色がすごくいいと思ったんすよねえ。

バーガンディっていうんすか、

ちょっと赤味がかった茶色でいい色なんすよ。

革はね、薄くて硬いです。

乾燥肌です。

革の質感がビーフジャーキーっぽいのです。

だから愛称はビーフジャーキです。

乾燥しまくってカリカリに乾いたビーフジャーキーみたいな

革質なので硬いんすけど、

薄いのでワークブーツのようなごつさはありません。

色といい、質感といい、食べれそうなんすよ。

こち亀で両さんが食うものがなくて

革靴を洗って焼いて食べようとするエピソードありませんでしたっけ。

あれを思い出したなあ。

そういう革質のせいなのか

甲の部分にできる履きシワのところが白っぽく変色します。

ビーフジャーキー引っ張って伸びたみたいに白茶になる。

だからシワがけっこう目立つんすよ。

履いていくうちに馴染んで落ち着いていきますかねえ。

まだあんまり履きこんでないし、

なんかオイルを塗ったほうがいいのかなあと思って、

ミンクオイルを適当にちょっとぬってみたけども、

全然革にはいっていかない。

乾燥肌のまんまです。

なんか違うオイルか乳化性クリームじゃないとダメなのかなあ、この革。

まあ、普通に履きやすいし、

デザートブーツよりソールのグリップ力はあるので

雨にぬれたつるつる床で滑ることもないし、

デザートトゥルーパーけっこうおすすめですかね。

革靴が活躍する季節になってきたので

ローテーションに組み込んでいこう。

続きを読む

夏のクラークスは『デザートトレック』で決まり!【靴】

クラークス デザートトレック(Clarks Desert Trek)


夏のクラークスはデザートトレックで決まり!


いやー、暑いっすねえ。

気温は35度でも体感は40℃超えてるんじゃないかという真夏。

そんな猛暑にクラークス。

デザートブーツは無理なので、

だったらデザートトレックしかないでしょう。

トレックならスリッポン感覚で夏でも履ける。

デザートトレックってセンターシームっていうやつ、

靴の真ん中に縫い目がズドンときてるデザインで

踵には変なトレッキング中みたいな人の絵が描いてあるし、

いまいちピンとこない靴だったのです。

変な靴だなあぐらいにしか思ってなかったんすけど、

だんだんとよく見えてきたんすよ。

それからはよく履くようになりましたねえ。

サイズはデザートブーツと同じサイズではいてます。

デザートトレックは靴のミドル、

土踏まずあたりの横幅が少しすぼまってる形をしてるので、

デザートブーツと同じサイズで新品を履いてみると、

なんだか窮屈で小さいと感じると思う。

つま先はちゃんとゆとりがあるけども、

なんだか横幅が窮屈だみたいな感じ。

最初、うわ、小さい、サイズ失敗したとおもったけども、

履いて馴染んだらちょうどよかったのです。

これ、もし新品のときに小さいと思って

ハーフあげてたら今頃はぶかぶかで

どた靴ドタドタって感じになってたと思う。

歩くたびに踵がパカパカ浮いてたと思う。

つま先の捨て寸の具合でサイズを選んで正解だった。

まあ、スリッパ感覚で長時間歩くこともないのなら、

ハーフサイズアップでルーズに履くのもありかもね。

でもオーバーサイズだと楽なようで

すぐに脚が痛くなるんすよ。

なのでなるべくジャストに履くようにしてます。

履き心地はそんなによくもないし悪くもないって感じかな。

スエードは見た目デリケートなようで

続きを読む

『クラークスのデザートブーツ ウルフスエード』を買った【靴】




[クラークス] Clarks Desert Boot」を買った

クラークスのデザートブーツを購入。

アベノミクスだなんだで円高終了で

円安時代到来になったら値上がりするんじゃないすかねと。

今、並行輸入品がけっこう安いっすから、

今のうちになんか買っとくのもいいかなと思ってデザートブーツを物色。

定番のサンドスエードにしようかと思ったんすけど、

サンドスエードはユニクロのベロアデザートブーツがあるので、

ちょっと違ったカラーがいいねってことで

ウルフスエードにしてみました。

ウルフスエードは表がスエードで裏地がスムースレザーっていう変わり種。

履き心地は他のカラーとあんまり変わらないっすかね。

柔らかいので新品なのに足によく馴染む感じですかな。

ユニクロのデザートブーツと較べてみると、

シルエットが違いますな。

あんまり違わないと思ってたけど並べてみるとかなり違う。

ユニクロのは丸っこい。

クラークスは細身でシュッとしてる。

縫製とか仕上げはいい勝負っていうか、

ユニクロの靴のほうが仕上げはちゃんとしてるっぽいんすけど。

クラークスの仕上げが雑で、とても定価が2万円する靴とは思えない。

続きを読む