2013年12月31日

『TAKESHIS'』を観た【映画】たけしがたけしを演じた北野武監督12作目




TAKESHIS'

これはおしい。

いやー、けっこうよかったんすけどねえ。

クリストファー・ノーランの「インセプション」になるかと思ったら

終わってみたら黒澤明の「夢」だった、ズコーッみたいな。

北野武の一番やりたかった話っていうかね、

こういう現実と非現実、夢と現みたいなやつが

好きで作りたかったんだろなっていう感じがする。

何重にも世界がレイヤーで入れ子になってる話。

そういうの好きな人多いっすよねえ。

それをうまく娯楽としても見れるようにやると

「インセプション」で、

ただイメージの羅列でこんな夢を観た的なスケッチになると

「夢」になってしまうみたいなね。

出だしは上々。

おもしろいんすよ。

映像が連想ゲーム的にリズミカルに変化していく。

脈絡がないようでつながりを感じる映像になってて

映像コラージュのおもしろさがすごいある。

テンポもいい。

畳み掛けるような勢いがあって

これはいいぞって感じなんすよ。

映画監督として成功している北野武と

売れない役者でコンビニバイトする北野。

両者の世界が同時に平行存在しているようで

コンビニバイトの北野の妄想が監督の北野であるようで

監督の北野の夢がコンビニバイトの北野でもあるような

2つの世界が平行でありながら

表裏一体の関係でもあるみたいな

非常におもしろい世界が構築されていくわけ。

何にもないところにブロックを積み上げていって

最初は何がなんだかわからないけども

積み上がっていくうちに大きな城が出現していくみたいな

世界が見えてくるみたいな気持ちよさがある。

前半は最高におもしろかったんすけど、

やっぱ後半はダメになっちゃったんすよ。

だらだらし始めて、

前半のあのテンポの良さはどこにいったのかって感じです。

続きを読む
posted by ビショップ at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月30日

『横道世之介』を観た【映画】高良健吾&吉高由里子W主演青春ドラマ





横道世之介


あなたの心にも横道世之介はいるのです、

みたいなみたいな。

いい感じの映画でしたねえ。

しかし、長かったなあ。

2時間40分とかすごいぜ。

歴史超大作みたいな長さだけど

中身はなんてことないドラマです。

なんでこんなに長いのかよくわからない内容だったけど

いろんなエピソードが入ってるから長いんでしょうね。

この映画は十代の人よりも

30、40、50歳ぐらいの人のほうが楽しめるかもしれない。

80年代のコスプレ劇として楽しめるプラス

自分の20歳ぐらいの時代を思い出して

懐かしく楽しめるのダブルで楽しめるので。

はあ〜、そういやこんなことあったなあと

普段は思い出さないけども

何かのきっかけでふと思い出すみたいなね。

今はもうまったく疎遠になってて

どんなやつだったか思い出すこともないんだけど

不意に、そういやあのときあんな奴がいて

毎日くだらないことしてたっけと

懐かしくなるときがあるみたいなね。

思い出して、あのとき楽しかったなあと

顔がゆるむんだけど、同時に猛烈に寂しさも感じてしまうみたいなね。

確かにあの時間は存在した、

あの夏の時間は存在したけども

今はもうそれも色あせて思い出すこともない。

それがちょっぴり寂しくてほろ苦いみたいなね。

そういう黄昏な感傷的な気持ち。

そういう気持ちを思い起こさせてくれる映画だなあ。

あのときはあんなに真剣で一生懸命だったし

それが全てであったはずなのに、

そこから10年20年と経つと

遠い記憶になって

そしてそんな自分がいたことさえどこか信じられないみたいなね。

でも、確かに横道世之介はいた。

横道を思い出すことで

その時の自分のことも思い出すみたいな。

続きを読む
posted by ビショップ at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月29日

『白昼の死角』を観た【映画】狼は生きろ、豚は死ね



白昼の死角

豚を食って大きく肥え太った狼を喰う!

高木彬光原作のピカレスクの映画化作品。

なかなか好きな話でしたなあ。

人は悪に徹することができるのか。

主人公は世の中は才能ではない、

とことんまで他人を食い物にする図太さこそが

成り上がるために必要なのだと覚悟を決め、

企業相手に手形のパクリ詐欺をして大金を得ていく。

詐欺によって自殺者がでようが

眉一つ動かさない男なのです。

だが、仲間は次々と脱落していく。

後ろめたさや恐怖感から

薬物中毒になるものや

目先の面倒を避けるために

杜撰な計画で動いたりと主人公の周辺の人間は

次々と悪の道からリタイヤしていくのです。

女房は自殺、愛人は結核。

彼が悪の階段を登れば登るほど

彼の周りには誰もいなくなる。

生まれながらの悪人ではないんすよ、彼らは。

優秀な頭脳と度胸をもった主人公は

表の世界でもそれなりに成功することはできたのではないのか

と思ってしまうのだけど、

そこをあえて裏の世界で生きようと決めたのはなぜかと。

まっとうにやっても

まっとうにやっているものを食い物にして

肥え太る奴らがいる。

そのことに我慢ならんというか、

どうせ食われるのなら、

こっちから食ってやるということなのかなあ。

だから彼は裏でこそこそしないんすよ。

表に出て堂々とパクる。

警察や検察からマークされるけど

法律では手が出せないというグレーゾーンを泳いでいくので

捕まらない。

ただの悪党ならこういうやり方はしませんよね。

続きを読む
posted by ビショップ at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月27日

『白い肌の異常な夜』を観た【映画】クリント・イーストウッド×ドン・シーゲル監督によるサスペンスドラマ




白い肌の異常な夜

な、なんだこれは……。

確かに異常だけどねえ。

ドン・シーゲルとクリント・イーストウッドのコンビなんすけど、

なんか変な映画でしたなあ。

映像とかなんか安っぽいんすよ。

それに登場人物の心の声がナレーションで入ったりするのも

なんか古臭いなあと感じてしまう。

話は怖いというかなんというか。

南北戦争の話で、

負傷した北軍の兵士クリント・イーストウッドが

南側の女学園に保護される。

女学園には男がいない。

熟女学園長からお年ごろの教師にませたエロガキに

まだまだ幼い幼女までそろった女学園。

定期巡回で南軍の兵士が見回りに来るんすけど、

なぜか学園長はクリント・イーストウッドを匿うのです。

クリント・イーストウッドは敵の北軍なので

つきだすのが普通なのだけど

傷の手当をしてからとかなんとか言って

学園にクリント・イーストウッドを置いておこうとする。

女の園に男がひとり。

そういう話です。

ハンサムで筋骨隆々としたクリント・イーストウッドの登場で

女どもはどいつもこいつも色気づく。

そもそもからして、キノコ狩りをしていた13歳の女の子が

クリント・イーストウッドを発見して学園に

連れ帰るんすけど、

クリント・イーストウッドは脈絡なく

少女にぶちゅーっとキスをする。

少女はそれで舞い上がって、彼は私を愛してるんだわってな感じに。

しょっぱなから、この男やばいなみたいな。

死にかけになっても女の扱いに慣れてるというか、

こんな少女を女扱いするとか、やばい男だなあと。

怪我がよくなるにつれ、

露骨にクリント・イーストウッドに迫ってくる女達。

続きを読む
posted by ビショップ at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月26日

『二流小説家 シリアリスト』を観た【映画】デイヴィッド・ゴードンのミステリー小説『二流小説家』を映画化





二流小説家 シリアリスト


これはどうなんすかねえ。

舞台演劇っぽい役者の演技が気になるなあ。

特に武田真治の演技は、

あれはどうなんすかねえと。

死刑囚の役なんすけど、

異常におどける道化師演技なんすよ。

メフィストフェレスというかなんというか。

とにかく動きが大きくてわざとらしくて

身振り手振りに芝居がかった表情にと

とにかくピエロな演技をしているのです。

ああいう演技ってあんまり映像ものには向かないような。

舞台とかならああいう大きな演技で正解なんだろうけどなあ。

それに死刑囚は私服でいいんだろうけど、

面会するたびにおしゃれして出てくるので

なんか上川隆也との対比が生きてこない。

あっちとこっちという世界の違いが感じられないんすよ。

どっかの喫茶店で話をしているみたいに見える。

お互いが激昂して怒鳴りあうシーンとかあるんすけど、

なんか笑っちゃったもんなあ。

まあ、あとはいろいろと残念なところはありましたね。

前半はやたらとだらだらしているのに、

後半は主人公がなんでか知らないけど

いろいろと思いついて事件の真相を

次々と暴いていく展開で

突然スピーディーに解決したなみたいな感じですし。

原作はアメリカの小説で舞台もアメリカなんすけど

映画は日本に変えてあるので

どんなもんかなと原作を読んでみたんすけど、

けっこう忠実な映画化みたいですね。

片瀬那奈がやってた役はストリッパーで主人公と肉体関係になってましたが

映画では濡れ場はなかったね。

小説は死刑囚と連続殺人の話は単なる骨組みとしてあるだけで

描きたいのは二流小説家の生態のほうみたいでした。

これという自分が書きたいものを書けずに、

売れる小説をペンネームを変えて書き暮らす二流の小説家。

続きを読む
posted by ビショップ at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月25日

『マン・オン・ワイヤー』を観た【映画】高さ411mワールドトレードセンターのツインタワー間を綱渡りした男




マン・オン・ワイヤー

今はなきワールドトレードセンタービルの間にワイヤーをはって

そこを綱渡りした男、

フランスの大道芸人フィリップ・プティのドキュメンタリー映画。

1974年に行われたツインタワー間の綱渡りの全貌。

当時の映像、再現映像、

現在の当事者たちのインタビューで構成されてて

WTCビル間の綱渡り計画立案から準備、結構当日と追っていき、

いかにして地上から417mの綱渡りが成し遂げられたのかを見せてくれます。

スリルあったなあ。

犯罪もの映画のスリル。

許可とか当然とってないので

勝手にWTCの屋上に行って

ワイヤーを勝手にはって

勝手に綱渡りするわけなので

これは犯罪なのです。

計画を練り、準備を進める彼らは、

銀行の金庫に眠る黄金を奪取するべく

計画し遂行する男たちみたいな雰囲気がある。

妙に色気があるように見える。

大真面目にあーでもないこーでもないとやってるんすけど

目的は綱渡りというまったく意味のないことというね。

なんですかねえ、この感じ。

なんだろか、この清々しさはと。

あんな高いとこで綱渡りなんて

物好きだなあぐらいにしか思わないんすけど、

何かいいんだよなあ。

予期せぬ風が吹いて落ちたら死ぬのは確実。

綱渡りすることで何か意味があるわけじゃない。

意味はないし、危険だしで

こんなことしてもなんにも意味ないでしょと思うんだけど、

綱渡りをしてる映像を見ると

何かを心に感じるのです。

なんといったらいいのかね、この感じを。

単なるお騒がせ人間、目立ちたがり屋、命知らず。

批判的な思いがわきそうになるけども

それを上回るなにか清々しさというか爽やかさというか

肯定的な気持ちに包まれるのです。

続きを読む
posted by ビショップ at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月20日

『V/H/Sシンドローム』を観た【映画】ファウンド・フッテージ・ホラーオムニバス





新世代ホラー監督が集結した新感覚モキュメントホラー「V/H/Sシンドローム


怖いなあ。

手持ちのホームビデオ撮影の低画質を逆手に取ったホラー。

一応、ストーリーはあってあらすじには、

“ある人物から1本のビデオテープを盗み出すよう依頼された

ゲイリー、ザック、ロックス、ブラッドの4人の不良グループは、

指示された古い一軒家に忍び込み、

そこで大量のVHSテープと一体の死体を見つける。

戸惑いながらも目的のテープを探すため1本1本再生していくが……、”

と書いてありましたけども、

全編が手持ちホームビデオでの実況中継になってて、

不良グループの映像も、

VHSビデオの映像も全部が同じ感じなので

物語性はまったくないといっていい。

始まりも終わりもよくわからないぶつ切り状態の

短編映画が何本か連続して流れていくって感じ。

これがグロくて怖い話ばっかなんすよ。

シチュエーションコントっていうかね、

もしも○○が、殺人鬼だったら〜、

もしも○○が、化け物だったら〜みたいな感じの

ホラーコントが盛りだくさん。

恐怖のもしもシリーズ。

スプラッター系のホラーを

ブレアウィッチスタイルでやったって感じかな。

とにかくテンポがいい。

こういう低画質のモキュメンタリー映画でよくある

ネタを小出しにしてダラダラやるタイプではないので、

だるさを感じることはなかったっすね。

これはオムニバス形式で、

いろんな話がつめこまれているというのが

よかったんじゃないかと思う。

これがひとつの話で1時間半引っ張られたら

もたないだろね。

どのエピソードもグロくて怖くてエキサイティングではあったのだが、

なんの話なのかよくわからないものもあったなあ。

あのスカイプのやつはなんの話なんだろか。

女の子のおっぱいがよかったのだが、

なんの話なんだかいまいちよくわからないまま終わって、

ただ気持ちが悪かったというね。

続きを読む
posted by ビショップ at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月19日

『クロニクル』を観た【映画】デイン・デハーン出演SF暗黒青春ドラマ




クロニクル


暗い青春映画でよかった。

根暗による根暗の映画って感じ。

暗黒だなあ。

大いなる力を手に入れたとしても

バカはバカのままという話ですかねえ。

あんなにすごいパワーを得ておきながら、

あんなことになっちゃうとはねえ。

後半、消防服を着て強盗するとか

意味不明な行動してましたけど、

あれは馬鹿すぎてどういうことかよくわからなかった。

いやいや、どうとでも小銭を稼ぐ方法あるのに

なぜあんな格好で強盗?

それに普通に正体を隠せてなくてすぐバレてるし。

まあ、あれはアホというより幼いということなんだろか。

わかるけどなあ、父親は今はクズだけど

昔はカッコ良かったんだろね。

消防士でかっこいい自慢の親父だったんだろね。

その昔の親父に戻って欲しいと

まだ思ってるから主人公は父親に反抗できないでいるわけで。

父親へのこだわりが消防服ってことなんだろけど。

超能力を得たら、てっきりすぐに父親をボコボコにするか

殺してしまうかするのかと思ったのだが、

最後の最後まで父親を殺そうとしなかったのは

まだ昔の父親に戻ると思って現実逃避してるからだろなあ。

あんな時にお前には謝ってもらうとかいう

最低の親父なのにね。

これは辛い環境だなあ。

クソ親父だと憎めるのならそのほうがまだ楽なんすけど、

主人公は父親を嫌いではない。

むしろ同情というか、いつかは元に戻るんじゃないかと

期待しているので単純に父親に歯向かうことが出来ない。

辛いなあ。

未熟なものが分不相応なパワーを得ても

活用できないのでいい結果を産まないということなのか。

なんか手塚治虫の「ユフラテの樹」を連想したね。

続きを読む
posted by ビショップ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月18日

『イノセント・ガーデン』を観た【映画】パク・チャヌク監督ハリウッド進出作





イノセント・ガーデン



スタイリッシュですなあ。

ナチュラルボーンな人殺しである少女が

人殺しの快感に覚醒するお話。

叔父の血が受け継がれ、

父親が才能を育てたみたいな。

母親は一人蚊帳の外です。

映像がスタイリッシュに美しい。

シーンとシーンのつなぎ方に工夫がしてあって、

飛び出す絵本のページを

めくっていっているような楽しさがある。

「オールド・ボーイ」でおなじみの

パク・チャヌク監督のハリウッド進出作らしいんすけど、

パク・チャヌクってこんな映像を撮る人だったっけ?

って感じです。

色使いや物の配置などに非常に凝ってて

おしゃれファッションデザイナーが

監督した映画だと言われれば

そうなのかと納得してしまうようなスタイリッシュぶり。

ちょっとくどすぎないかと思うぐらいの

やり過ぎ感はあるのだけど、

この映像美だけで観た価値はあったね。

まあ、主人公の女の子があんまりかわいくないんすけどねえ。

トビー・マグワイアが女装してんのかと思ったな。

あとニコール・キッドマンの鼻。

あんなに高かったっけ?みたいな。

前半のニコール・キッドマンの鼻の高さは

ちょっとすごくないすかみたいな。

まあ鼻の存在感はすごかったけども、

役柄的には一人だけ部外者扱いです。

死んだ夫は娘にべったり。

突然現れた夫の弟はやっぱり娘のほうが本命で

自分は存在感ゼロです。

そりゃわなわな震えながら剥製燃やしますよ。

まあ、話はミステリーサスペンスな雰囲気なんすけど、

別に事件解決とかそういうやつじゃないので

続きを読む
posted by ビショップ at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月17日

『バレット』を観た【映画】スタローンとウォルター・ヒルがタッグを組んだバイオレンスアクション





バレット


なんか80年代って感じがしたなあ。

それもそのはず、主演はスライで監督はウォルター・ヒルなのです。

ウォルター・ヒルといえば

「48時間」「ストリート・オブ・ファイヤー」「レッドブル」など

80年代に男臭いアクション映画を数々手がけた監督。

もうかなりの高齢ですよねえ。

てっきり引退したとか、

製作だけやってんのかとか思ってたけど、

ここにきてスタローンと組んで

こういう80年代な映画を監督するとはな。

高齢といえばシルヴェスター・スタローンもいったい何歳なんだよっていうね。

65歳越えてるんだぜ。

年金貰える年で、この役柄ってありなのかなしなのかっていうね。

ムキムキのマッチョな裏稼業の男の役なんすよ。

己の拳のみでやばい世界を生き残ってきたみたいな男なんすけど、

よくやるよなあ。

枯れたいぶし銀的な雰囲気はまるでありません。

血気盛んなアクションスターとして脂が乗りに乗っていた

80年代のスタローンそのままな雰囲気です。

話も映像も大味。

え?これって最近の映画なんすか?てっきり旧作かと思った

みたいな雰囲気なんすよ。

俺に楯突くやつはブチ殺すぜ、

悪党には死をみたいな

主人公が容赦なくとにかく害虫駆除的に敵を始末していく話。

80年代ってこうだったよなあと

なんか懐かしくなりましたな。

戦う理由とかそういうのは大事じゃない。

振りかかる火の粉は己の力で振り払うのが当然。

正義は我にあり的にとにかくガンガン行く。

80年代の刑事アクションとか犯罪者アクションってそうだったなあと。

なんかすごく懐かしかった。

その懐かしさはよかったんすけど、

映画としてはいまいちだったなあ。

続きを読む
posted by ビショップ at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする