大脱走

大脱走アルティメット・エディション

大脱走


実話をできるだけ忠実に映画化したものだから、ヒロイックな映画じゃない。

これがフィクションなら、スティーヴ・マックィーンが国境をバイクジャンプで余裕で越えて、

すげえぜヒーローだぜ!っていうことになるんだろうけど、まあ結局、、、って感じで終わる。

まあそれはしゃあないか。

映像的には全然いまの映画とそん色なく見れるっていうか、

むしろこっちのほうが生生しいですね。

映画スタジオの広大な敷地に建造された収容所のセット。

思わず口笛で吹きたくなるテーマソング。

脱走に全てをかける捕虜たち。

最初つれてこられるわけですよ、収容所に。

脱走の常習者がぞろぞろと。

で、連れてこられてすぐに、もう脱走のこと考えてて、

なかには即実行にうつすやつなんかもいてね、こういうやりとりで、

設定が全部わかるようになってて、ああおもろいなと。

そっからはじっくり見ました。ちょっと長尺ですけど。

リアルかどうかっていうのは、正直よくわからない。

けっこう気楽なんすよ。捕虜の態度が陽気というか大胆というか。

そんなことして、撃ち殺されねえの?って思ったけど、実際はあんな感じだったのかな。

ナチスというと、どうしてもユダヤ人虐殺のことがあるから、

捕虜だろうがなんだろうが問答無用で撃つあぶないやつらっていうイメージがある。

まあ同じドイツ軍でも一般とゲシュタポは一味違うっていう描き方がされてて、

ゲシュタポは冷酷なやつらでした。

まあ、リアルさにはこだわらず、スティーブ・マックィーンをヒーロー的に描いて、

バイクでの柵越えをいやっほーうって感じで成功させて、

大成功!みたいに脚色しても良かったんじゃないかな。

そういう終わり方も見たかったかな。

・大脱走 / サントラ

・ポールブリックヒル / 大脱走

・Paul Brickhill Great Escape

・スティーブマックィーン プレミアムDVDコレクション

TSUTAYA DISCAS




オンラインDVDレンタルのDMMで「大脱走」を見る

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

大脱走
Excerpt: タイトル: 大脱走 THE GREAT ESCAPE アメリカ 1963年 スティーブ・マックイーン、ジェームズ・ガーナー、リチャード・アッテンボロー、チャールズ・ブロンソン、ジェー..
Weblog: 映画を観よう
Tracked: 2005-11-28 12:21

あらためて思う「大脱走」はスッゲ~おもしろい!
Excerpt: 『脱走は許さん。不可能な脱走など企てずにスポーツ・読書・リクレーション・農耕に時間をあてろ。 外の戦争を忘れよう。快適に過ごせるはずだ。』 最新作でもなんでもないが、何時見ても面白い映..
Weblog: 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情
Tracked: 2005-11-28 12:31

大脱走
Excerpt: 大脱走1963年度・米・172分 The Great Escape ■監督:ジョン・スタージェス ■出演:スティーブ・マックィーン/ジェームズ・ガーナー/チャールズ・ブロンソン/リチャード・ア..
Weblog: シェイクで乾杯!
Tracked: 2005-11-28 12:43

「大脱走」
Excerpt: 「荒野の七人」から三年、スティーブ・マックィーンが再びジョン・スタージェス監督とコンビを組んだ傑作アクション戦争映画が1963年公開の「大脱走」でございます。ある意味私の中ではベスト1かもしれませんね..
Weblog: samuraiの気になる映画
Tracked: 2005-11-28 13:18

みんな『大脱走』が好きだった!
Excerpt: 『大脱走』(1963 / アメリカ / ジョン・スタージェス) Text By 百恵 紳之助  今さらレビューなどまったく必要のないこの映画でありますが、たまたま新宿の映画館でやっており観てしまいまし..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2005-11-28 17:26

大脱走
Excerpt: 大脱走監督:ジョン・スタージェス出演:スティーブ・マックィーン , ジェームズ・ガーナー , チャールズ・ブロンソンStory第二次大戦下、脱走不可能といわれて..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2005-11-28 21:46

大脱走
Excerpt: 大脱走 THE GREAT ESCAPE 1963年 アメリカ 168分 監督:ジョン・スタージェス 出演:スティーヴ・マックィーン 、ジェームズ・ガーナー 、リチャード・アッテンボ..
Weblog: I LOVE CINEMA +
Tracked: 2005-11-30 01:49

大脱走
Excerpt: 「逃げる」というのは非常にスリルのあるテーマのひとつですが、その中でも出色の出来の映画が1963年の『大脱走』。そのタイトルに恥じない面白さです。第二次世界大戦中のドイツでは、何度も脱走を繰り返す..
Weblog: かたすみの映画小屋
Tracked: 2005-11-30 01:59

大脱走 #471
Excerpt: 1963年 アメリカ 168分 第二次大戦中のドイツの捕虜収容所。捕虜のほとんどは脱獄だけが生き甲斐と言った連中ばかり。何度も脱走を繰り返し、その都度捕まって、という前半のくだりは収容所側の絶対の自..
Weblog: 映画のせかい2
Tracked: 2005-11-30 07:41

大脱走 (1963)
Excerpt: 大脱走 (1963) THE GREAT ESCAPE 20世紀最大の娯楽大作が5大スターと共にいま爆発! 「荒野の七人」(60)に続き、J・スタージェスがオールスター・キャストで監督・製作し..
Weblog: 碧色の小世界??プログ
Tracked: 2006-02-07 17:10

大脱走
Excerpt: 25年ぶりに観ました。 いや~やっぱりいいな~。 『シンドラーのリスト』のようにナチスドイツの非道振りを描いているわけじゃなく、『プライベートライアン』のように壮絶なアクションシーンがリアルに描かれて..
Weblog: いいな~これ!
Tracked: 2006-03-23 19:51

『大脱走』は脱走を描いた映画ではない
Excerpt:  【ネタバレ注意】  スティーヴ・マックィーン演じるヒルツ大尉は、捕虜収容所の独房に入れられるたび、コンクリートの壁に野球ボールをぶつけて一人でキャッチボールをしている。ボールのぶつかる音が独...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-10-23 09:17