リトル・ブッダ

リトル・ブッダ

リトル・ブッダ

学生時に見たときは、なんだよ退屈な映画だなあと思ったのですが、

今回見てみてなかなかおもろい映画だなと。

再発見ていうんですかねえ。

映画ってこれがあるからやめられない。

映画は完成すれば変わらないんだけど、

観客である自分は常に変化していっているわけで。

一度見た映画でも、年齢を重ねることによって感じ方がまるで変わってくる。

過去の自分が何を考えていたのかさっぱりわからなくなる。

面白いなあ。

映像美、音楽美の映画だなあと。

坂本龍一はいい仕事してますねえって感じです。

最近はぱっとしないですけどね。このころは調子いいです。

あとキアヌ・リーブスね。

なんとゴータマ・シッタルダ役。

がりがりになって熱演してます。

カバディやってます。

といってもそう印象に残る演技ではないですが。

大仏ヘアーで瞑想しているキアヌの表情が微妙で笑えます。

なんか変な表情なのよ。なんかニヤついているっていうか、おかしいんだ。

まああれが西洋人からみた悟りの境地の顔ってことなんでしょう。

人生に疲れたとき、

未来に希望がもてないとき、

静かな夜にじっくり一人で見たい映画。

時々お世話になると思います。

美しいものは素晴らしい。

・リトルブッダサントラ

・リトルブッダ扶桑社ミステリー

・坂本龍一映画音楽集

ベルトルッチ、クライマックス・シーン

僧侶と哲学者―チベット仏教をめぐる対話

高僧の生まれ変わり チベットの少年

TSUTAYA DISCAS


この記事へのコメント

  • gumbymam

    はじめまして♪
    TBありがとうございます。

    こちらからもTBさせて下さいね~。
    これからもよろしくお願いします(*^_^*)
    2005年12月09日 16:40
  • bishop

    こんばんは、gumbymamさん。
    リトルブッダは考え始めるといろいろ考えて眠れなくなっちゃうような内容でしたねえ。映像と音楽が素晴らしかったので時々見たくなります。
    こちらこそよろしく~。
    2005年12月09日 23:51

この記事へのトラックバック

リトル・ブッダ。
Excerpt: この間の夜・・・何気につけていたNHK BSだったのですが、そのまま『リトル・ブッダ』が始まってしまったので見ることにしたんです。 映画なんてなんて久しぶりなんだろう・・・??
Weblog: diary
Tracked: 2005-12-09 16:42