機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-


機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-


老いたなオヤジ殿。

映画版Zガンダムの最終章。

細かい話はよくわからんかったけど、

いろんな勢力が最後に勝つのはおれたちだと

戦争していく話だというのは、うっすらわかったので、

話がわからなくてイライラするなあってこともなく最後まで見れた。

モビルスーツ戦がたくさんあったのもよかったね。

やっぱ新しい画のMS戦はいいね。

前作「機動戦士ZガンダムII -恋人たち-」、第1章「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」は、

旧作画と新作画の混ざり合わない違和感がひどかったけど、

今作は、意外と気にならなかった。

でも、やっぱ全編新画でやるべきだよなあ。

富野由悠季監督にはなんか旧作画を使わないとダメな理由があるのだろうけど、

一般ピーポーな私には、新旧ごちゃまぜにする意味はまったく見出せなかった。

ラストも変えてある。

TV版では主人公のカミーユが廃人になるというラストだったのが、

普通に元気に生き残るというラストに変わってた。

TV版では、カミーユってかなり病んでるかんじだったなあと。

ハマーンとかシロッコをぶち殺しさえすれば戦争は終るみたいな、

幼稚で尖がった考えにまみれたジャックナイフみたいな子供だったのが、

今回は、意外と大人というか好青年風に描かれていたのが印象的。

健康的っていうかなあ。

常識人ぽくて面白みの少ないやつになってた。

あんまりTV版を覚えてないんすけど、

そうそうこういう場面あったなとところどころ思い出して、懐かしくなった。

Ζガンダムが無敵になって、昔もなんじゃこりゃと思ったし、

Zガンダムの先っぽで押しつぶされたときのシロッコのあの顔にも笑ったし、

こういうところは作り直さないのかいなと。

ジェリドの「カミーユ、おまえはおれの……」っていう台詞はカットされてたね。

ヘタレジェリドの最後の見せ場で、あれけっこう好きだったんすけど。

キャラクタの性格も変えて結末も変えるというのなら、

古いものは全部捨てて、全編新作画でやってストーリーや、

シーン構成も新しいものを用意するべきだと思うのだが、

なぜゆえにお手軽な改変で済まそうとしているのかということで、

老いたなオヤジ殿となるわけです。

新訳だ映画だと威勢よく頑張ろうとしてみたものの、

結局古いものにとらわれてしまって新しいものは生み出せなかった。

題名は頑張ってる。

「星の鼓動は愛」だよ。

こんな意味不明な題名をつけて若ぶろうとしても内容がついていってないもんなあ。

まあ、これは映画じゃないし、

「ガンダム」というジャンルのアニメだと考えると、

こんなものかなとも思う。

連ドラをちょっといじくったぐらいでは、

映画にはならないってことがよくわかる。

全編新画でストーリーも1から作るというだけの若さが監督になかったのが残念かなあ。

まあ作り手の意図なんかよくわかんないすけどねえ。

新画の部分は映像的に面白いし、

ストーリーは戦闘中心に大胆に編集してあってよいと思う。

それゆえに、なぜ?と思ってしまう。

ここまでできるならなぜこんな中途半端なことを?と。

まあ、こんなことばっかり考えてしまうぐらいの中途半端な出来なのでした。

ガンダム好きにもオススメじゃないし、

ガンダム?はあ?っていう人にも当然オススメじゃない。

いったい誰が楽しめるのかというと、考えてみてもあんまり想像つかない。

機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~

機動戦士ZガンダムIII星の鼓動は愛」をDMMでレンタルする

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック