『スーパーツール ワイドモーターレンチ MFW280』を買って家の水栓修理に使う【工具】

スーパー ワイドモーターレンチ MFW280

家の水回りの修理に必要になって購入。

いやー、ミスったな。

最初からモーターレンチを1本

買っておけば間に合ったのに、

これ買うまでに、

スーパー ワイドモーターレンチ MFW280

ウォーターポンププライヤーとか

モンキーレンチとか

中途半端な工具を

いろいろと買ってしまった。

水栓のばらしには、

ナットが小さくても大きくても

対応できるモーターレンチが最適だったっすね。

古い水栓が調子悪くて、

分解しないといけなくなると

まずはウォーターポンププライヤーに目がいく。

値段が安いし、

これでつかんで回せばいいんだろ、

簡単に見えるのでこれを買う。

でもこれが一番役に立たない。

古い水栓はガッチガチに固着してるので、

相当力をかけないと

まわらないのだが、

ウォーターポンププライヤーは

思い切りつかんでも空転するし、

ナットが傷だらけになってしまう。

力をいれて回しにくい。

こいつはダメだ。

スーパー ワイドモーターレンチ MFW280

新しくてナットをゆるめるのも

しめるのも力がそれほどいらないもの向け。

次はモンキーレンチがいいと乗り換える。

モンキーレンチならナットが

傷だらけになることもないし、

力をいれて回しやすいし

空転することもない。

ワイドタイプなら

たいていのナットは回せるだしょと

実際たいていのナットは

ワイドモンキーで間に合うのだが、

水栓のナットを隠すカバーとか、

カートリッジにかぶせてるカバーとかは

思いのほか

太い幅でワイドモンキーでもつかめない。

うわー、なんてこったい。

そしてモーターレンチに行き着きました。

最初からこれでよかったんだ。

一番お値段高いし、

なんかごつごつしてて

こんな大げさな工具は

プロじゃないんだから

いらないなみたいな感じで

判断してたのが大間違い。

これなら口開き0~80mmで幅広ナットもOKだし、

本体に長さがあるので

力をかけて回しやすい。

なのでお家の水栓メンテナンスには

まずモーターレンチですねえ。

水が漏れるとか、

レバーの動きが固いとかは

一度ばらしてみるのがいいですね。

ばらして中の

水垢とかの汚れをおとすと

治っちゃったりすることもあるので

交換パーツを手配するのは

そのあとでいいからまずは

ネットで展開図探して

ばらしてみるのがいいか。

めんどくさいけど。



広告

この記事へのコメント