『薔薇合戦』を見たんだ【映画】



男で失敗する女たち。

3人の女性を中心に

彼女たちがどんな男とどんな付き合い方をして

どういう失敗をするのか

というのを見せるドラマです。

三姉妹です。

長姉はやり手のビジネスウーマン。

真ん中は自己主張の少ない古風な娘。

末娘はモダンガール。

みんな性格が違ってるんだけど、

みんな男で失敗する。

この設定は男の三兄弟でも成立する話ですね。

男が女で失敗する。

それじゃあなんかありふれてる感じがするから

女が男で失敗する話にしたんだろか。

長女はガハハ社長タイプ。

やり手でパトロンを見つけて会社やって順調。

でも自分の男を社員として重要なポストにつけたり

とかやりだすと

会社も男関係もうまくいかなくなっていく。

真ん中は、自分の意志をはっきり主張しないグズ。

いい人だなあと鶴田浩二に好意をもってるのだが

アタックしないし、

長女のすすめで好きでもない社員と結婚。

うまくいきません。

全部他人のすすめに乗っかってるだけで

自分の意志で行動してないから。

三女はこれからは自立した女の時代よと

家を出てアパートで独り暮らし。

付き合う男とは通い婚ということで

それぞれ独立性をもって付き合いましょうと

進んだ男女関係をもってるつもりだったのだが、

男は金をせびってくるし、

実は結婚してて嫁も子供もいて

病気の子供の治療費をまったく家にいれないと

嫁さんが乗り込んでくる。

進んだモダンな関係のつもりだったのが

外から見れば男妾をかこってるだけだったみたいな。

やり手でも失敗。

他人任せでも失敗。

自己主張強くても失敗。

男と女の関係はそう簡単にうまくいくもんじゃないって

わけですなあ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック