『ライト/オフ』を見たんだ【映画】



電気をつけたらいない、

消えたらいる、

ついたらいない、

消えたらいる。

これだけ。

わかりやすいですね。

こういうわかりやすいお化けのほうが

シンプルに怖いかもしれないっすねえ。

まあ、なんというか、

ホラー映画なんすけど、

怖がらせ方はシンプルです。

急に大きい音をだして驚かせるやつ。

暗闇に出てくる化け物に対峙することになった

家族の話で、

化け物と戦い退治することで

過去の過ちを清算するっていう感じになってます。

まあ、結局、お母さんが自分でどうにかするしかなかった

っていうことなので

娘たちの奮闘は何か意味あったのかって感じっすけどねえ。

娘の頑張りでお母さんがやる気だしたって

ことなので意味はあるんすけどね。

まあ、シンプルに電気消すと

そこに何かいるかもしれないという

誰もが感じたことある

わかりやすい恐怖を使ってるとこがうまかったですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448971939

この記事へのトラックバック