『二ツ星の料理人』を見たんだ【映画】



人たらし最強。

人たらし術をもってる人は何してもOK。

そういうことっすねえ。

みんな主人公のことが好きなんすよ。

主人公は元アル中薬中の料理人。

昔、パリでやらかして逃亡。

ヤク断ち酒断ち女断ちしてミュシュランの三星をとるぞと

再起をかけて舞い戻ってくる。

パリじゃなくてなぜかロンドンです。

七人の侍よろしく腕の立つ料理人をスカウトして集めていく。

ミシュランの格付けで星3つを目指して

レストランをオープンするのだが数々の困難が立ちふさがる。

そういう復活劇ですね。

しっかし、主人公はかなり難あり人間ですねえ。

自己中なのは当たり前、

癇癪持ち、頑固、偏屈。

やばいところに借金もある。

女癖も悪い。

いいのは料理の腕だけっていうね。

料理もほんとに上手なのか怪しいけどね。

料理の腕も最初はちょっと時代遅れになってんの。

今の最新の流行は

素材を真空パックして低温調理する技法なんすけど、

主人公はコンドームで料理かよとバカにしてやらない。

でも、開店初日に失敗してそういうやり方も取り入れます。

この男、痛い目をみて大けがしないと

なんにも学ばないタイプのようですね。

そのたびに、周りも大迷惑してるはずなのだが、

みんなブラッドリー・クーパーのことが大好きなので

ケンカするけどしょうがないかあぐらいで済んでしまうのです。

支配人はゲイで主人公にほの字なので

痛い目みても懲りずに許してしまいます。

こういう人っているよなあ。

わがままで気分屋で癇癪もちですぐ切れて

回りに当たり散らしたりするんだけど

なぜかみんなすぐ許しちゃう。

付き合うのやめたらいいのにって思うんだけど

なぜか好かれるみたいな。

どこがいいのかさっぱりわかんないんすけどねえ。

まあ、この映画の主人公は料理がうまいらしいんすけど、

たいしたことないんじゃないの~みたいな。

煙草をばかすか吸うようなやつらの舌は信用できないなあ。

八つ当たりで食材をぶん投げる、皿をぶん投げる、

料理人ってこんながさつな神経の持ち主なんすかねえ。

ライバルの料理人も店を破壊したり、

タバコを吸ったりでほんとに料理できんのかみたいな。

料理の映像は美しくておいしそうで

楽しめたんすけど、

厨房でのがさつな調理風景をみると

食欲が減退しましたね。

あんなの見ると食事する気がなくなるなあ。

ケーキに息で粉吹きかけてたけど、

シェフのつば入りかよ。

まあ、実際の厨房はそんなもんだろうけどなあ。

実際、味見だ温度確認だと指で食材をいじり倒してるだろうし、

落ちたものでも平気で使ってそうだし。

なんか不潔な感じもしたなあ。

裏であんなにがちゃがちゃやって、

客のとこには見た目だけきれいにして

すまし顔で

三ツ星にふさわしい料理でございますって出す。

なんか笑っちゃうね。

ミシュランの調査員らしき客が来たら、

めちゃくちゃ張り切りだす主人公にもドン引き。

いやいやいや、普通の客にもそれぐらい情熱もって

料理だせよと。

まあ、その後、主人公が成長して

ミシュランだろうがなんだろうが

料理人は自分のできる仕事をきっちりやるだけ、

チームでそれぞれの役割をきっちりやるだけだっていう

ことになるんだけど、

あんだけ大騒ぎしないと

それがわからないっておかしいだろ。

これは成長といえるのだろうか。

一番基本的なことがわかってないって

この主人公、ほんとに腕のいい料理人なんだろうかって

思ったなあ。

いや、絶対あの店の料理たいしたことないだろって思っちゃったよ。

料理を食べる客のことを一切考えてなくて、

身内同士で褒め合って気持ちよくなってるだけだからなあ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック