『マネーモンスター』を見たんだ【映画】



有名な俳優が出演してて

有名な人が監督してたっていうだけだった。

中身は特になし。

サスペンスは後半なくなるし、

社会風刺は毒が弱いしで

ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター

っていう並びの豪華さに

内容が追いついてなかった。

マネーゲームのおかしさをサスペンス映画で

見せるという趣なのはわかるけどなあ。

いまいちなんだよなあ、なんか。

ジョージ・クルーニーは経済番組の司会者で

毎日毎日、適当なこといってる。

あの株が上がるとか下がるとか

ショー仕立てでおもしろおかしくやる番組。

株式経済番組風のバラエティお笑い番組みたいなもんです。

ジュリア・ロバーツはディレクター。

ある企業の株価が大暴落したニュースが

トップニュースになってるときに

番組に銃を持った男が乱入して、さてどうなるかと。

前半は乱入男がジョージ・クルーニーに爆弾ベストを

着せたり、暴落で大損こいたとか演説したり

スタジオでのやりとり。

立てこもり犯とその人質たち映画。

後半は、株価の暴落の真相を

犯人とクルーニーたちが一緒に追うという

探偵もの映画みたいになります。

やっぱ、ハッカーは出したらだめだなあ。

一気に白ける。

おい、あのハッカーに電話して

社長の足取りを追えないか聞けよで

決定的な証拠映像を簡単にゲットとか

しらーっとしましたね。

ハッカーはダメだ。

それにググるのも禁止。

検索したら答えが出てきて

どっちらけ。

ジュリア・ロバーツの役っているのかな。

あちこち電話するだけの役なので

いらない役に思えたけどなあ。

銃男が目の前にいる状況で

ジョージ・クルーニーが目を盗んでこそこそ指示出して

裏を探らせるという見せ方にしたほうが

スリルあったんじゃないかなあ。

でもおもしろいとこはけっこうありましたね。

元気玉のとこなんかよかった。

みんなで株を買おうと

買い煽るジョージ・クルーニー。

みんなが少しずつ買えば

株価は確実に上昇するから買おうと

みんなの元気をオラにわけてくれってやるんだけど

上がらず、しょぼーんみたいな。

おお、もしかして上がって奇跡が

おきるのかと思わせといての

やっぱり無理でしたで笑えました。

あと、犯人の彼女がやってきて

銃男を説得するのかと思ったら

くそみそに罵倒して、

てめえなんぞ今すぐ死んじまえと言うとこ。

まあ、そらそうですわなあ。

虎の子の全財産を全部株に突っ込んでとか

やったらいかんことですから。

まあ、結局、アルゴリズムだクオンツだなんだと

自動プログラムや機械のエラーのせいにしてますけども、

その機械を使う人間の問題だよっていうことですかねえ。

マネーゲームは危ないよじゃなくて

全財産を株にぶち込む人間が危ないんだよ。

そういうことですねえ。

犯人は何がしたかったんだろ。

社長に謝らせたかったんだろうけど、

それで自分の愚行がちゃらになるわけじゃないし。

まあ、自分の気が済むというだけで

愚かな行動をしてしまうのも人間ですね。

ジョージ・クルーニーも事件のあとどうなるのか、

そこまで描いてほしかったなあ。

視聴率稼げてラッキーと

相も変わらずバカげた経済ショーを続けているのか、

やめて別のことしてるのか。

何か変化したのか。

そこまで見せてほしかったすね。

そこらへんが全然見えてこないので

薄っぺらい立てこもり犯と人質映画という感じなんすよねえ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448710012

この記事へのトラックバック