『ルーム』を見たんだ【映画】





なんだかよくわからない。

感動ストーリーにしたいのか、

脱出サスペンスにしたいのか、

恐怖スリラーにしたいのか、

なんなのか、はっきりしない映画でした。

うーむ、息子が主人公で、

狭くて小さい部屋が世界のすべてだった彼が

そこから出て外の世界にふれて

世界の認識がどんどん変わっていくみたいな、

小さな世界から大きな世界へ

子供から大人へ成長するみたいなことを

監禁されていたという事件を

通して描いているっていう感じっすかね。

そういう哲学な感じですかねえ。

なので家族の感動ストーリーというわけでもなく、

どうやって脱出するのかという

サスペンスな緊張ストーリーというわけでもなくで

見終わって

こうだったという明確な感想が浮かばない。

おもしろくないっていう感じじゃなかったけども

じゃあ、何かおもしろいとこあったのかというと

特に思い浮かばないみたいな。

いや、あの優秀な女性警官が

和田アキ子に似てたなあっていうのが印象に残ってる。

それぐらいですかねえ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447700048

この記事へのトラックバック