『サウスポー』を見たんだ【映画】





人は変われるっていう話ですね。

そういう人生ドラマを

ボクサーを主役にやってる。

だからスポ根ドラマではないし、

スポーツドラマでもないのです。

でもジェイク・ギレンホールの体は無駄にできあがってます。

すごい体つきで

ほんとにボクサーみたいな肉体してました。

まあ、この映画ではそんな肉体改造は

あんまり必要ないような気がしたけどね。

描写がけっこう安っぽいんだよなあ。

ボクシングシーンの映像はすごいけど、

肝心のドラマがなんか茶番劇ぽいというか、

形だけのドラマみたいな

軽い感じがするんすよねえ。

それがどうも残念だったなあ。

まあ、話はわかりますけどね。

人は手に入れたものが

失われることがもっともつらい。

そこから立ち直るためには、

それまでの自分を変えなければならない。

あと、自分で自分の道を選んで決めなくてはならない。

そういう話かなあ。

こういうボクサーって実際にいたのかな。

無敗でチャンピオンになるようなボクサーが

それまでのスタイルをまったく変えて

またチャンピオンに返り咲くみたいなこと。

ジェイク・ギレンホールはノーガードで相手に

殴られまくる。

殴られることで闘志がわいて

逆転するパワーになるみたいなボクサーなんすよ。

試合後はいつもボロボロになる。

そのボクシングスタイルでチャンピオンにのぼりつめる。

もともと孤児院育ちの極貧スラム出身で

そっからこぶしひとつでチャンピオンにのぼりつめる。

それが転落人生から

再びカムバックするときは

ガードをかためて冷静にジャブをうつスタイルに変えるんすよ。

サウスポーに変化して必殺パンチを繰り出す技も

身に着けちゃったりするんすよ。

これってあんまり現実味がなかったかなあ。

人ってそんなに変われないんじゃないかなあ。

無敗でチャンピオンになるような人が

それまでのスタイルを簡単に変えられるもんなのか。

強烈な成功体験をもつ人が

それを捨てられるのか。

人は生き方を変えられるのか。

ボクシングスタイルを変えて

試合に勝つということで

人は変われるというドラマを見せてるんだけど、

どうも軽い話だなあと思っちゃったなあ。

まあ、それだけ変わることは

難しいけどもそれをやりとげたから

感動ドラマだということなんすけど、

あんまりぐっとはこなかったなあ。

なぜ変われたのかという部分が

あんまりうまく描けてなかったので。

まあ、平成の「ロッキー」みたいな感じですかねえ。

久しぶりに「ロッキー」が見たくなったね。

ジェイク・ギレンホールの演技はよかったですね。

肉体はもちろん、しゃべり方やしぐさで

不器用で粗野な感じというか、

ちょっと頭ゆるそうな感じをうまく演技してました。

あと、子役はうまい子役でしたねえ。

小型の大人を演じるタイプの

器用な子役が子供役をやってて、

嫁さんがなんでも考えて決めてくれていたから

嫁さんが死んだらなんにも考えられなくなった

子供みたいなお父さんと、

子供だけどしっかりもので

お母さんみたいなメガネ子供の

でこぼこ親子のやりとりはなかなかよかったです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック