『沈黙 SILENCE』を見たんだ【映画】


沈黙 SILENCE

なぜ神は沈黙するのか。

人は神の沈黙にどこまで耐えられるのか。

みたいなことですかねえ。

遠藤周作の小説「沈黙」を篠田正浩監督が映像化したものです。

マコ岩松氏が企画にかかわってるみたいですね。

重要キャラとして出演もしてました。

脚本に遠藤周作の名前があるので

これは小説に忠実な映画化なんすかね。

小説を読んだことないので

どんな話か全然知らないで映画を見ました。

かなり暗いというか重いというか。

舞台はキリスト教が禁止されてた時代の日本。

隠れキリシタン狩りで見つかった信者は

転ばなかったら(転向しなかったら)処刑されていた。

そういう日本に密入国したパードレの一人が主役。

見つかったら処刑という日本に

わざわざ来るんだから相当な信仰心を持ってる神父なのです。

彼が日本で見たこと、体験したことを通して

神とは何か、信仰とは何かを問う内容。

彼の目的は自分の師匠の消息を調べることだっけ。

キリスト教は危険だと弾圧が始まってから

ほとんどのパードレは日本を去るか処刑されるかしたが

師匠は死んだのか生きているのか消息不明。

隠れてキリストを信仰する日本のキリシタンたちと交流。

もう神父がいないので

見よう見まねで信仰を続けていた。

捕まったら拷問。

踏み絵で信仰心を折る。

拷問にも屈せず処刑されていくものもいれば、

恐怖からすぐに転向するものもいる。

マコ岩松が演じていたのは、

そういう男なんすよ。

拷問が怖くてすぐ権力に屈する。

裏切って神父を売る。

それでも彼は自分はキリスト教信者であると思っている。

信仰を捨てられない。

だけど、信仰のために死を選ぶこともできない。

その板挟みに悩む男。

マリアの石板につばをかけろと言われて

唾を吐きかけたことの罪悪感に悩み、

遊女の三田佳子に俺につばを吐きかけてくれと懇願して

なにこいつ、気持ち悪い!と言われてました。

ユダですね。

裏切者だけど信仰心を捨ててるわけではない。

信仰心があるのなら、

死ぬことも怖くないはずだと思う一方、

死ぬために信仰があるのか、

生きるための信仰なのではないのか、

信仰のために死ぬことは

何かおかしくないかみたいな思いもある。

生きる辛さを救ってくれるはずのものが

生を奪う。

信仰とはなんなのか、神は何を考えているのかみたいな。

そして主人公はついに師匠に対面する。

なんと師匠を演じているのは丹波哲郎です。

え?哲郎丹波がポルトガル人?

もろに日本人やないか!みたいな。

髭と髪の毛ぼうぼうで外国人風になってたけど

普通に外国人俳優を遣えばよかったんじゃないかと思ったけど、

丹波哲郎の演技はなかなかよかったです。

すごいド迫力で英語でまくしたてる。

あれ?英語か。

ポルトガル人って英語しゃべるんだっけ?

まあいいか。

丹波哲郎は転向してたんすよ。

あの師匠がキリスト教を捨てていた。

そんなバカな、嘘だと、狼狽するパードレ。

信仰心があればどんな苦難でも拷問でも耐えられるはずと

若い神父は思っている。

しかし、その彼も最後は……。

丹波哲郎は簡単に転向したわけじゃなかった。

耳の後ろに穴をあけられて

逆さづりにされてじわじわと血が抜けていくという

恐怖の拷問の結果だけじゃなく、

日本におけるキリスト教のありかたに疑問を持ったことも

転向した理由にあるみたいなんすよ。

日本にキリスト教は広がったと思っていたが

日本人が信仰しているのはキリスト教の神ではなく、

彼らが独自に作り出した日本の神ではないのかという疑義。

彼らが信じている神は自分たちの信仰している神とは

異なるのではないのか。

日本人は外国のものを

自分たち流に改変して取り入れるのが得意な民じゃないすか。

なので日本のキリスト教は

もはやキリスト教ではないのではという疑い。

じゃあ彼らが信じている神とはなんなのか。

そっから信仰とはなんなのかという揺らぎがわいて

なんかもうわけわかんなくなったみたいな。

悩み疲れて

もうどうにでもなれみたいな境地になったんじゃないすかね。

弟子である主人公も同じ道を行くことになる。

こんなにも迷い苦しみ悩む人間を前に

神は沈黙を続ける。

うーむ、重い。

でもなかなか見応えはありました。

映像もよかったし、俳優の演技もなかなかよかったし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446951513

この記事へのトラックバック