『シグナル』を見たんだ【映画】




話が見えてこない。

最初から最後まで話がよくわからなかった。

いや、わかるんすけど、

あれでしょ、メガゾーン23的なやつでしょっていうね。

わかるんだけど、

わからないというか。

なんのこっちゃというか、なんというか。

ローレンス・フィッシュバーンの目的はいったいなんなのかと。

実験して観察してるっていうことなのかなあ。

高度なハッキングを行う謎のハッカーの痕跡を

追跡して大学生3人がハッカーの居場所らしきとこに行く。

すると正体不明の何かに襲われて気絶。

気がついたら見知らぬ施設に収容されてて、

防護服に身を包んだ人間が仕事してて、

いったいなにが起きたのか、

いったいここはどこなのかってな話です。

謎がいっぱい。

謎で引っ張るのはいいんすけど、

その謎をどう収束させるのかっていうのが

難しいというか、監督や脚本家の腕の見せどころなんすけど、

なんか、なんだろなこれみたいな後半だったですねえ。

機械の足をつけられて

サイボーグ化した主人公が

ぬおおおおおおお~ってマッハスピードで走ったり、

手を改造された相棒が、畜生!PCのキーボードが打鍵できねええ!

ぬおおおおお~って車止めをメガトンパンチしたりするところは

スローモーションでかっこいいCMかミュージックビデオみたいな

映像なんすけど、なんかものすごくバカバカしく思えた。

なんなんだよ、これって。

最後のローレンス・フィッシュバーンの後頭部見せも

なんかなあ。

それで、なんなのみたいなとこありますね。

実は、あそこはあれでというのはわかった。

そこからの展開はないのかと思っちゃうね。

短編なら実はあそこはあれでこれはあれなんすよ~

っていうところで終わるのもいいけども、

この映画ってけっこう長いんすよ。

だから、その謎だけの話だと物足りない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446672485

この記事へのトラックバック